ニュース
» 2019年06月27日 14時33分 公開

東北道 蓮田SA(上り)が7月29日オープン 駐車マス3倍、商業施設2倍でNEXCO東日本最大級に

現在位置から東京寄りに移転して開業します。

[ねとらぼ]

 NEXCO東日本は、東北自動車道の蓮田サービスエリア(SA)上り線(埼玉県蓮田市)を7月29日にオープンします。現在位置から移転した上で、駐車マス数を約3倍、商業施設の規模を約2倍に拡大。NEXCO東日本最大級のSAとして生まれ変わります。

フォト 新しい蓮田SA上り線(イメージ)

 新しい蓮田SA上り線は、東北道の岩槻インターチェンジ(IC)〜久喜IC間にある現在位置から東京方面に約2.5キロ移転して開業します。

フォト 新蓮田SA上り線の位置

 駐車マスは現在の小型車139台から352台に、大型車31台から127台へと増え、トレーラー用(5台)も新設。身体障害者用も従来の3台から7台に増えます。駐車マスの利用状況をリアルタイムで知らせる標識も設置します。

フォト 駐車マスの状況を知らせる標識を設置

 トイレも増え、大型車駐車場側と小型車側の2カ所に。女性用は従来の27基から46基+53基の合計99基へと大幅に増えます。

 商業施設は「Pasar蓮田」(上り線)として開業し、建築面積は約3580平方メートル、フードコート座席数は約330席と、それぞれ2倍以上に。高速道路初出店となる11店舗を含む22店舗などが入居し、SA・パーキングエリア初という青果・精肉・鮮魚で構成する生鮮ゾーン「旬撰市場」も開設します。

フォト 2倍以上に広がる商業施設(イメージ)

 一般道側から利用できる駐車場約90台も整備し、近隣地域から利用するお客も食事や買い物を楽しめます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.