ニュース
» 2019年06月28日 18時33分 公開

「いきなり!」不振 ペッパーフードサービスが業績予想を大幅に下方修正

積極的な出店の結果、店舗同士の競合が発生。

[ねとらぼ]

 ペッパーフードサービスは6月28日、2019年1〜6月期の連結業績予想を下方修正し、売上高は前回予想から72億円減の349億円にとどまる見通しだと発表しました。「いきなり!ステーキ」業態の不振が原因で、通期(1〜12月期)の見通しも従来予想から171億円減の764億円と、大幅に引き下げます。

フォト 積極的な出店で店舗同士の競合が発生したという「いきなり!ステーキ」

 「いきなり!ステーキ」業態は今期210店舗の出店を目標にしていましたが、一部地域で「いきなり!ステーキ」店舗同士の競合などが起き、その影響で既存店の売上高は計画に比べ大幅に減少したとのことです。

 このため「いきなり!ステーキ」業態は、既存店に影響を及ぼさない出店用地の見極めを慎重に行うことや、既存店を必要に応じて他業態へ変更することを決め、出店計画を115店舗に見直します。この結果、業績予想を大幅に引き下げることになりました。

 通期の下方修正では、本業のもうけを示す営業利益が従来予想から35億円減の20億円に、最終利益は19億円減の15億円にそれぞれ引き下げます。

フォト ペッパーフードサービスの2019年12月期通期の業績予想修正(IR資料より)

 ペッパーフードサービス(東証1部)株価の28日終値は1750円でした。1月9日の年初来高値(3255円)から50%近く下げています。

フォト ペッパーフードサービスの株価推移(Yahoo!ファイナンスより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.