ニュース
» 2019年06月29日 14時55分 公開

老舗和菓子店のどら焼きがAmazonで無断転売 定価7倍超の出品に木挽町よしや「大変憤りを感じています」

衛生面も心配されます。

[Kikka,ねとらぼ]

 「無断でアマゾンで売られています。大変憤りを感じています」――1922年創業の老舗和菓子店「木挽町よしや」のどら焼きが、Amazonで不正転売されていることを木挽町よしや公式Twitterが明かし、大きな話題を呼んでいます。転売された商品の価格は定価の7倍。


amazon 転売 定価の7倍超の価格で転売されている「木挽町よしや」のどら焼き(画像提供:木挽町よしや)

 問題になっているのは「プレミアムギフト表参道店」なる出品者がAmazonに出品していた「木挽町よしや」のどら焼き。店頭では5個入り700円で販売されていますが、この出品者は4980円で販売を行っていました。

 これについて「木挽町よしや」は、「当店は、アマゾン、プレミアムギフト表参道店( ←実在するの? )とは関係ありません」「大変、困っています」とTwitterで注意喚起。購入を控えるように呼び掛けたほか、Amazon側に対して問い合わせを行うなどしました。

転売者からあえて商品を購入した「木挽町よしや」

 ねとらぼ編集部では無断転売の被害に遭った「木挽町よしや」に対して取材を依頼。詳しいお話を聞きました。

――「木挽町よしや」のどら焼きがAmazonで無断転売されていたとのことですが、発覚のきっかけを教えてください。

木挽町よしや「木挽町よしや」の名前をGoogleアラートに登録していて、6月27日にアラートが鳴ったんです。それでサイトを見てみたら、Amazonのページが出てきたことから発覚しました。

――転売者は一度「木挽町よしや」に出向くなどして入手した商品を無断転売しているのだと思いますが、その場合衛生面や商品の品質も心配されます。もともとの賞味期限はどれぐらいなのでしょうか。

木挽町よしや通常は3日としていますが、夏場は当日を含めて次の日までにお召し上がりいただくようお願いしています。

――Twitterではご自身で転売商品をあえて購入するという奇策に出たことも明かされていました。

木挽町よしやTwitterでの注意喚起と並行して、Amazonにも早期削除のお願いと問い合わせを行いました。しかしAmazon側からは「プレミアムギフト表参道店」の連絡先を教えてもらうことはできず、削除ができたとしても1週間程度かかるとの返答がありました。

 そうしたやりとりの中で、Amazon側から「自分で注文をしたら転売者の連絡先が分かる」といった提案もあり、自ら商品を注文することを選びました。

――Amazonからのアドバイスもあったんですね。現在注文した転売商品はどういうステータスなのでしょうか。

木挽町よしや騒ぎになった影響か、既に転売商品のページ自体は削除されているのですが、私の注文は有効な状態が続いています。このままいけば7月4日に当店あてに到着するようです。


amazon 転売 「木挽町よしや」が「木挽町よしや」宛てに転売者から購入したどら焼きの配送状況(画像提供:木挽町よしや)

――ということは、店頭に転売者がやってくるということですよね。

木挽町よしやその場合もありますし、当店から当店へ対して発送依頼をしてくる人がいるのかもしれません。Amazonによると、発送の際は出店している店舗名を使用しなくてはならないというルールがあるそうで、もし別の名前で送ってきたらそれは規約違反になるそうです。

 なおAmazonによると、商品が発送されるタイミングでやっと転売者に代金が入金されるシステムとのことなので、今の状態ではまだ転売者に代金は渡っていないそうです。

――つまり発送依頼の場合は転売者の特定が容易ということですね。今後転売対策などをとる予定はありますか。

木挽町よしや店内に転売禁止の張り紙を掲示することや、公式サイト上で注意喚起することを検討しています。


 手土産や差し入れでファンも多い「木挽町よしや」のどら焼き。このような形で話題になることを残念に思っている人も少なくはありません。

 また「プレミアムギフト表参道店」なるアカウントでは、「木挽町よしや」のほかにも人気食パン専門店や洋菓子店などの商品を取り扱っているもよう。ねとらぼ編集部ではこれらのブランドにAmazonで出品している事実はあるか、「プレミアムギフト表参道店」に販売を委託しているかなどを問い合わせています。

【2019年6月30日8時30分:当該のプレミアムギフト表参道店ですが、6月29日夜時点で登録店舗名と運営責任者名が別名義に変更されたことが確認されました。】


amazon 転売 「プレミアムギフト表参道店」が取り扱っている商品の一部(Amazonより)

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」