ニュース
» 2019年06月29日 15時28分 公開

キム・カーダシアンさん「Kimono」ブランドに反対署名3万人以上 京都市も再考求める

KIMONOの名称は私的に独占すべきものではないと京都市長。

[ねとらぼ]

 米国のセレブ、キム・カーダシアンさんが「Kimono」という名称の下着ブランドを発表し、商標登録を申請していることに対し、署名サイトの抗議署名に3万人を超える賛同が集まっています。また京都市も再考を求める文書を送ると明らかにしました。

 カーダシアンさんは6月25日(現地時間)に自身のSNSで補正下着ブランド「Kimono Solutionwear」を発表。「日本の文化を盗用している」といった批判が寄せられています。

 署名サイトChange.orgでは26日にカーダシアンさんにあてた署名「着物は日本の文化。キム・カーダシアン・ウェストの"KIMONO"商標登録にNo!」が立ち上げられました。ブランド名が日本の伝統衣装である「着物」を想起させること、商標登録の申請を行っていることに「我々の誇る文化である着物へのリスペクトに欠けるネーミングと言わざるを得ません」と抗議し、海外からの支持者も含め3万5000人の賛同を集めています。

ネット署名

 また京都市は28日、カーダシアンさんと商標登録を申請している会社KIMONO Intimatesに、「KIMONO」のブランド名を使用することについて再考を求める文面を送ると発表。門川大作市長の署名入りで「私たちは,『KIMONO』『きもの』『着物』の名称は,きものやきもの文化を愛するすべての人々共有の財産であり,私的に独占すべきものではないと考えます。是非私たちの思いをお汲み取りいただき,ブランド名としてのご使用についてお考え直しいただきたく存じます。キム様には,私たちの強い思いを御理解いただくためにも,『きもの』をはじめあらゆる日本の文化を守り育ててきた京都にお越しいただき,『きもの文化』の神髄に触れていただければ幸いです」と記しています。

京都市の文書

 カーダシアンさんはNew York Timesに対し、「日本の伝統衣装に似せたり、名誉を傷つけたりする衣類は作らない」とし、ブランド名は変更しないとコメント。商標登録申請については「日本の伝統衣装に関連してkimonoを作ったり、kimonoという言葉を使ったりすることを制限しない」と述べています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.