ニュース
» 2019年06月30日 09時00分 公開

ノーベル賞候補の小説家がうっかり死亡 死後も女子高生の“ゴーストライター”として書き続けるコメディ漫画『グッバイ、ノーベル!』(1/2 ページ)

これがほんとのゴーストライター(小声)。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ノーベル文学賞を期待されながらも不慮の事故で死亡した天才小説家、龍平ナヲキが幽霊となって現世で奮闘する――。そんな悲喜劇を描く『月刊!スピリッツ』で連載中の漫画『グッバイ、ノーベル!』(竹充ヒロ)の1巻が発売されました。

アイキャッチ 霊界での女子高生との出会いが、ナヲキの希望となる?

書影 『グッバイ、ノーベル!』表紙

 次こそ文学賞間違いなし! と、会心の1作を書き上げたナヲキ。ところが、「俺はもういつ死んでもいい!!」と興奮するあまり足を滑らせて転倒し、頭の打ち所が悪くて死亡してしまいます。単なるもののたとえだったのに……。


1話 人生、何が死亡フラグになるか分かったもんじゃない

 ナヲキには現世に大きな未練がありました。ノーベル賞もそうですが、隣家に住む女性にあてた大量のラブレターを書斎に遺していたのです。もし見つかったら遺稿扱いされ、『渡せなかったラブレター』なんてタイトルの本としてベストセラーになってしまう! ……これが決してナヲキの考え過ぎでなく、本当にありそうだから困る。


1話 あっこれ、たぶんめっちゃ恥ずかしいやつだ

 ノーベル賞よりもラブレターのほうがずっと気がかりだったナヲキは、幽霊となって現世へ。書店の「龍平ナヲキ氏追悼コーナー」を見て己の死を実感していたところ、女子高生のすずと遭遇します。彼女は昏睡状態で入院している間、あの世でナヲキと会っていたのですが、その後蘇生して現世に戻っていたのです。


1話 よりによって、すずはナヲキの文学をよく知らない子でした

 すずはナヲキのことをまるで知らず、その作品もまるで理解できない子でした。それでもあの世で面識があったせいか、彼を認識して会話もできる様子。ナヲキは彼女に頼んで、ラブレターを処分してもらおうと画策します。


1話 マスコミをかき分けて彼の家に乗り込むすず、大胆すぎ

 すずは大胆にもナヲキの恋人を称して彼の家に入り込み、無事に件のラブレターを発見。これを焼却すれば話は一段落といったところでしたが、すずがその一部を読んだことで事態は急変。ナヲキの文学にまるで関心のなかった彼女が、彼が「稚拙」と恥じ入る文に感じ入り「エモい」と落涙したのです。


1話 小説と違う、飾り気のない文章がすずの心を打った……?

 その後、すずが感動のあまりラブレターをSNSで拡散してしまったり、ナヲキの恋の相手が明らかになったり、ナヲキがすずに憑依して文学新人賞に応募したりと、話はコミカルに展開。天才小説家の幽霊と、つかみどころがない女子高生、不思議なコンビの行く末がとても気になります。


2話 幽霊になってまで秘匿したかったラブレターが大拡散(第2話)

3話 ナヲキが恋した女性かもしれない人物が、新人賞の審査員で……(第3話)

『グッバイ、ノーベル!』第1話

グッバイ、ノーベル!

グッバイ、ノーベル!

グッバイ、ノーベル!

グッバイ、ノーベル!

グッバイ、ノーベル!

グッバイ、ノーベル!
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  2. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  3. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  4. /nl/articles/2112/02/news159.jpg 骨折で入院のLiLiCo、小田井涼平との密着夫婦ショットで退院報告 「大きな男が迎えに来てくれた」
  5. /nl/articles/2112/03/news006.jpg 「楽しくないでしょひとりじゃ」→「楽しいですが」 バイト先のおひとりさま女子を描いた漫画に共感の嵐
  6. /nl/articles/2112/02/news156.jpg お台場のガンダムが撮影ミスでめちゃくちゃ発光 奇跡のショットが「自爆寸前」「トランザム付いてたっけ?」と話題
  7. /nl/articles/2110/12/news157.jpg 「身長もすっかり抜かれてしまった」 新山千春、15歳娘との長身2ショットで成長をひしひしと実感する
  8. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  9. /nl/articles/2112/02/news133.jpg 岡田義徳、家族4人での初集合ショットが「愛あふれる写真!」と反響 妻・田畑智子は約8カ月ぶりのインスタ登場
  10. /nl/articles/2103/19/news141.jpg 鈴木光、美しい和服ショットで東大卒業を報告「先生と友人に感謝です!」 お別れ近づき“涙の祝福”メッセージ殺到

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」