ニュース
» 2019年06月30日 09時00分 公開

ノーベル賞候補の小説家がうっかり死亡 死後も女子高生の“ゴーストライター”として書き続けるコメディ漫画『グッバイ、ノーベル!』(1/2 ページ)

これがほんとのゴーストライター(小声)。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ノーベル文学賞を期待されながらも不慮の事故で死亡した天才小説家、龍平ナヲキが幽霊となって現世で奮闘する――。そんな悲喜劇を描く『月刊!スピリッツ』で連載中の漫画『グッバイ、ノーベル!』(竹充ヒロ)の1巻が発売されました。

アイキャッチ 霊界での女子高生との出会いが、ナヲキの希望となる?

書影 『グッバイ、ノーベル!』表紙

 次こそ文学賞間違いなし! と、会心の1作を書き上げたナヲキ。ところが、「俺はもういつ死んでもいい!!」と興奮するあまり足を滑らせて転倒し、頭の打ち所が悪くて死亡してしまいます。単なるもののたとえだったのに……。


1話 人生、何が死亡フラグになるか分かったもんじゃない

 ナヲキには現世に大きな未練がありました。ノーベル賞もそうですが、隣家に住む女性にあてた大量のラブレターを書斎に遺していたのです。もし見つかったら遺稿扱いされ、『渡せなかったラブレター』なんてタイトルの本としてベストセラーになってしまう! ……これが決してナヲキの考え過ぎでなく、本当にありそうだから困る。


1話 あっこれ、たぶんめっちゃ恥ずかしいやつだ

 ノーベル賞よりもラブレターのほうがずっと気がかりだったナヲキは、幽霊となって現世へ。書店の「龍平ナヲキ氏追悼コーナー」を見て己の死を実感していたところ、女子高生のすずと遭遇します。彼女は昏睡状態で入院している間、あの世でナヲキと会っていたのですが、その後蘇生して現世に戻っていたのです。


1話 よりによって、すずはナヲキの文学をよく知らない子でした

 すずはナヲキのことをまるで知らず、その作品もまるで理解できない子でした。それでもあの世で面識があったせいか、彼を認識して会話もできる様子。ナヲキは彼女に頼んで、ラブレターを処分してもらおうと画策します。


1話 マスコミをかき分けて彼の家に乗り込むすず、大胆すぎ

 すずは大胆にもナヲキの恋人を称して彼の家に入り込み、無事に件のラブレターを発見。これを焼却すれば話は一段落といったところでしたが、すずがその一部を読んだことで事態は急変。ナヲキの文学にまるで関心のなかった彼女が、彼が「稚拙」と恥じ入る文に感じ入り「エモい」と落涙したのです。


1話 小説と違う、飾り気のない文章がすずの心を打った……?

 その後、すずが感動のあまりラブレターをSNSで拡散してしまったり、ナヲキの恋の相手が明らかになったり、ナヲキがすずに憑依して文学新人賞に応募したりと、話はコミカルに展開。天才小説家の幽霊と、つかみどころがない女子高生、不思議なコンビの行く末がとても気になります。


2話 幽霊になってまで秘匿したかったラブレターが大拡散(第2話)

3話 ナヲキが恋した女性かもしれない人物が、新人賞の審査員で……(第3話)

『グッバイ、ノーベル!』第1話

グッバイ、ノーベル!

グッバイ、ノーベル!

グッバイ、ノーベル!

グッバイ、ノーベル!

グッバイ、ノーベル!

グッバイ、ノーベル!
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1907/29/news103.jpg 秋吉久美子、亡き息子の誕生日に思いをつづる 「二人は常に連なって一緒に生きている」
  2. /nl/articles/2104/12/news014.jpg 柴犬たちもソーシャルディスタンスばっちり……! 絶妙な距離感で並ぶ柴犬親子が面白かわいい
  3. /nl/articles/2104/12/news075.jpg 「3時のヒロイン」ゆめっち、メイクのビフォーアフターに驚きの声 「ライザップのCMくらいの衝撃」「違う人かと思った…!」
  4. /nl/articles/2104/12/news077.jpg 「カブトボーグ」がJ:COMの無料チャンネルでまさかの再放送! 「次回予告がウソ」「ヒロインが週替わり」数々の伝説残したカオスアニメ
  5. /nl/articles/2104/12/news128.jpg 元“小学生ホスト”琉ちゃろ、中学入学で10年ぶりの黒髪に 母ちいめろは校則に苦言も、本人は「そんなに違和感がなくてびっくり」
  6. /nl/articles/2010/05/news063.jpg 第2子妊娠の浜崎あゆみ、42歳バースデーで華やかな豪邸披露 「幸せの形は人それぞれ」と私生活に持論 
  7. /nl/articles/2104/11/news006.jpg 仕事中でも注意散漫、集団行動ができない「発達障害」な漫画家の通院体験漫画『なおりはしないが、ましになる』
  8. /nl/articles/2104/12/news022.jpg 尿意を限界突破しながら我が子のピンチを救う漫画 お散歩アクシデントを跳ね飛ばす母の愛に感動&爆笑
  9. /nl/articles/2104/11/news007.jpg 在宅ワーク中、猫たちがPC前を占拠して…… 「残業は禁止ニャ!」と訴える元保護猫の姉妹がかわいい
  10. /nl/articles/2104/12/news033.jpg 桜玉吉『伊豆漫玉エレジー』が本日発売、還暦を迎えた玉吉先生と担当のプチ対談をお届け 「お元気ですか?」「元気じゃないよ(笑)」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声