ニュース
» 2019年06月30日 09時00分 公開

ノーベル賞候補の小説家がうっかり死亡 死後も女子高生の“ゴーストライター”として書き続けるコメディ漫画『グッバイ、ノーベル!』(1/2 ページ)

これがほんとのゴーストライター(小声)。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ノーベル文学賞を期待されながらも不慮の事故で死亡した天才小説家、龍平ナヲキが幽霊となって現世で奮闘する――。そんな悲喜劇を描く『月刊!スピリッツ』で連載中の漫画『グッバイ、ノーベル!』(竹充ヒロ)の1巻が発売されました。

アイキャッチ 霊界での女子高生との出会いが、ナヲキの希望となる?

書影 『グッバイ、ノーベル!』表紙

 次こそ文学賞間違いなし! と、会心の1作を書き上げたナヲキ。ところが、「俺はもういつ死んでもいい!!」と興奮するあまり足を滑らせて転倒し、頭の打ち所が悪くて死亡してしまいます。単なるもののたとえだったのに……。


1話 人生、何が死亡フラグになるか分かったもんじゃない

 ナヲキには現世に大きな未練がありました。ノーベル賞もそうですが、隣家に住む女性にあてた大量のラブレターを書斎に遺していたのです。もし見つかったら遺稿扱いされ、『渡せなかったラブレター』なんてタイトルの本としてベストセラーになってしまう! ……これが決してナヲキの考え過ぎでなく、本当にありそうだから困る。


1話 あっこれ、たぶんめっちゃ恥ずかしいやつだ

 ノーベル賞よりもラブレターのほうがずっと気がかりだったナヲキは、幽霊となって現世へ。書店の「龍平ナヲキ氏追悼コーナー」を見て己の死を実感していたところ、女子高生のすずと遭遇します。彼女は昏睡状態で入院している間、あの世でナヲキと会っていたのですが、その後蘇生して現世に戻っていたのです。


1話 よりによって、すずはナヲキの文学をよく知らない子でした

 すずはナヲキのことをまるで知らず、その作品もまるで理解できない子でした。それでもあの世で面識があったせいか、彼を認識して会話もできる様子。ナヲキは彼女に頼んで、ラブレターを処分してもらおうと画策します。


1話 マスコミをかき分けて彼の家に乗り込むすず、大胆すぎ

 すずは大胆にもナヲキの恋人を称して彼の家に入り込み、無事に件のラブレターを発見。これを焼却すれば話は一段落といったところでしたが、すずがその一部を読んだことで事態は急変。ナヲキの文学にまるで関心のなかった彼女が、彼が「稚拙」と恥じ入る文に感じ入り「エモい」と落涙したのです。


1話 小説と違う、飾り気のない文章がすずの心を打った……?

 その後、すずが感動のあまりラブレターをSNSで拡散してしまったり、ナヲキの恋の相手が明らかになったり、ナヲキがすずに憑依して文学新人賞に応募したりと、話はコミカルに展開。天才小説家の幽霊と、つかみどころがない女子高生、不思議なコンビの行く末がとても気になります。


2話 幽霊になってまで秘匿したかったラブレターが大拡散(第2話)

3話 ナヲキが恋した女性かもしれない人物が、新人賞の審査員で……(第3話)

『グッバイ、ノーベル!』第1話

グッバイ、ノーベル!

グッバイ、ノーベル!

グッバイ、ノーベル!

グッバイ、ノーベル!

グッバイ、ノーベル!

グッバイ、ノーベル!
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」