ニュース
» 2019年07月01日 12時00分 公開

サメに食われる夏が来た ドーンと大きな「サメの抱き枕」に新色・ライトブルーが仲間入り

お値段もお手頃になりました。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 頭を食われたり腕を食われたり、さまざまな楽しみ方ができる「サメの抱き枕」に、ヴィレヴァン限定の新色・ライトブルーが仲間入りしました。


サメ抱き枕 サメの抱き枕 ライトブルー

 「サメの抱き枕」は全長約115センチ、重さ約3.5キロの特大サイズの抱き枕。大きく開いた口の部分は、ついつい何かを突っ込みたくなるデザインです。


サメ抱き枕 腕を食わせてみることも可能
サメ抱き枕 抱えたときの存在感がすごい
サメ抱き枕 頭にのせてみたり
サメ抱き枕 公衆の面前でチュウをしたり
サメ抱き枕 抱き枕の撮影なのに全て屋外にいる不思議

 作ったのは海を愛するクリエイター、Kendra Philips氏によるブランド・Chumbuddy。「リアリティーのあるサメを目指したい」というヴィレヴァンの夢をかなえるため、試行錯誤を重ねて作り出したフォルムとのことです。


サメ抱き枕 ふっくら感を保ちつつシェイプアップされた流線形のボディー
サメ抱き枕 背びれの形状や位置にもこだわったそうです

 価格は1体1万円。2018年に発売されたブルーグレー(各1万9440円)よりお手頃価格になっています。ありがたい。

 「抱き枕では物足りない、サメに全身を包まれたい」という人用に、サメの寝袋 もちふわバージョン(4万9680円)もあります。


サメ抱き枕 サメの寝袋

※価格は全て税込



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2008/13/news118.jpg “廃棄前提”炎上ツイートで注目の温泉旅館 オンラインサロン運営者の「炎上マーケティング大成功」発言を「事実無根」と否定
  2. /nl/articles/2008/12/news118.jpg 「5分前にはルームに入室」「深々と頭を下げながら会議終了ボタン」はデマ 大炎上した“謎のテレワークマナー”は誰が広めたのか マナー本出版社も「驚いている」
  3. /nl/articles/2008/12/news022.jpg レジ袋有料化でケーキ屋さんが心配していることは? 店員さんが描いた漫画に反響集まる
  4. /nl/articles/2008/12/news109.jpg トヨタ・プリウスを煽りまくった日産エクステラ、隣を走っていただけのマツダMPVを巻き込んだ大事故を起こし逃走
  5. /nl/articles/2008/13/news015.jpg 親とはぐれたウリ坊を保護→先住ワンコと超仲良しに! 寝転んでじゃれ合う姿に癒やされる
  6. /nl/articles/2008/13/news082.jpg 山奥に停まっていた古いクルマを覗いてみたら…… 意味が分かると後から「ひっ!!」となる漫画が怖い
  7. /nl/articles/2008/13/news010.jpg 憧れのゲーム会社に入社した女の子が社畜の道へ…… ところどころ実話な漫画『ますたーあっぷ!』に震える
  8. /nl/articles/2008/12/news024.jpg 「あるある」「何度同じことやられたか」 実家の猫の謎行動を描いた漫画に共感の嵐
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2008/12/news003.jpg 「ラッシー飲んでから行かないくていいノ!?」 インドカレー屋で超ラッシー好き認定されていた漫画に笑いとほっこり