ニュース
» 2019年07月02日 16時58分 公開

「記録的な大雨」と気象庁が注意喚起 7月3日〜4日にかけ西日本では土砂災害の恐れ

24時間の雨量が平年1カ月分を超えるかも。

[戸部マミヤ,ねとらぼ]

 気象庁が梅雨前線による大雨の見通しを発表しました。九州を中心とした西日本では7月3日昼〜4日にかけて警報級の激しい雨が予想されます。


梅雨前線2019 九州・四国で記録的な大雨

 7月6日まで続くと見込まれる梅雨前線。すでに九州の一部地域では記録的な降雨量となっており、地盤の緩みも観測されています。7月3日昼前〜4日にかけては、24時間の雨量が平年の1カ月分を超えるとの予報も出ており、土砂災害や浸水、河川の氾濫に厳重な警戒が必要です。

 気象庁は「各地の気象台の発表する警報・注意報など気象情報に留意するとともに、危険度分布を活用し、市町村の避難勧告等に従って、自分の命、大切な人の命を守るために、早め早めの避難、安全確保をお願いします」と呼びかけています。


梅雨前線2019 危険度分布

 7月2日時点の危険度分布では、鹿児島・熊本・宮崎を中心とした九州地方に警報が出ているほか、愛媛県も大雨に見舞われる恐れがあります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.