ニュース
» 2019年07月03日 09時00分 公開

ジェネリックウナギこと「ほぼうなぎ」が帰ってくる 3回焼き&専用タレでウナギ感アップ

2018年は12時間で完売。

[戸部マミヤ,ねとらぼ]

 魚のすり身でウナギを再現した商品「ほぼうなぎ」の再販が開始しています。2018年には土用の丑の日代用品として大きな注目を集め、発売後わずか12時間で完売しました(関連記事)。


ほぼうなぎ ジェネリックウナギ

 絶滅危惧種に登録されたウナギを救うため、かまぼこメーカーのカネテツデリカフーズが開発した「ほぼうなぎ」。ジェネリックウナギの核たる食感およびタレを改良し、さらなるウナギ感を実現したといいます。身は肉厚でふっくら。皮には弾力があり、3回焼きした表面はカリカリに仕上がっているとのこと。


ほぼうなぎ ウナギ感アップ

 「ほぼうなぎ」は商品ページから購入できます。土用の丑の日である7月27日に間に合うよう、7月17日より順次発送が開始します。


ほぼうなぎ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.