ニュース
» 2019年07月03日 16時39分 公開

Cloudflare、サービス障害は攻撃ではなくソフトの配備ミスと説明

一部で憶測のあったサイバー攻撃説を否定。

[ねとらぼ]

 CDN(コンテンツデリバリーネットワーク)サービスのCloudflareは、日本時間7月2日夜に起きたサービス障害について、原因はソフトウェアの配備ミスと説明しました。

Cloudflareの説明

 サービス障害は2日夜に30分間ほど発生。CloudflareのWebサイトにアクセスすると502エラーが表示され、Cloudflareを利用しているWebサイトなども同様のエラーが発生していました。同社はこれを新ルールの導入時に設定を誤り、CPU使用率が急上昇したためと説明しています。修正を施し、現在は正常な状態に戻っています。

CPU使用率の急上昇

 一部ではサイバー攻撃による障害ではないかとの憶測もありましたが、Cloudflareは攻撃ではなかったと明言しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.