ニュース
» 2019年07月03日 18時40分 公開

結婚を意識しているけれど4.4人に1人は「付き合った経験ゼロ」、という調査結果

「東京都内の高齢者の割合とほぼ同じ」という謎知識。

[ねとらぼ]

 結婚を意識しているけれど、付き合った経験はゼロという人が4.4人に1人──こんな調査結果を婚活サービス「スマリッジ」(運営:SEモバイル・アンド・オンライン)が発表しました。

フォト まずは第一歩……といっても簡単な話ではない?(イメージ、Photo by Pablo Heimplatz on Unsplash

 調査は6月、20〜39歳の婚活中か結婚を意識している未婚の男女520人を対象にネットリサーチで実施しました。

フォト 付き合った経験は?(ニュースリリースより)

 それによると、結婚を意識している人で、これまで交際の経験がゼロという人は22.5%。4.4人に1人という割合は「東京都内の高齢者の割合とほぼ同じ」だとしています。

 片思いの相手に体面で話すことに抵抗があるという人は約41%。男性のほうがやや多く、理由は「面と向かうと何を話せばいいかわからなくなってしまう」が84.4%でトップでした。

フォト 片思い相手と対面で話すことに抵抗を感じる?(ニュースリリースより)
フォト 片思い相手と対面で話すことに抵抗を感じる割合、男女別は(ニュースリリースより)
フォト 片思いの相手と対面で話すことに抵抗を感じる理由は?(ニュースリリースより)

 恋人とのコミュニケーションツールは「SNS」が71.2%と圧倒的多数。「電話」は17.6%にとどまり、恋人と全く電話をしない人も3.2%いました。ただ、SNSで意思疎通にずれを感じたことのある人も71.5%に上っています。

フォト 恋人と使うコミュニケーションツールは?(ニュースリリースより)

 恋愛プロセスでSNSは欠かせないツールになっていますが、結婚まで考えると、対面のコミュニケーションも重要。スマリッジは「現代の婚活は、SNSを上手に使いながら、対面コミュニケーションの能力を磨き、恋愛適応力をいかに身につけるかが婚活から結婚へのゴールの道筋といえるかもしれません」とコメントしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.