ニュース
» 2019年07月05日 14時21分 公開

「斜め上をいったwww」 ポルノグラフィティ、ライブグッズの「臼ときね」が話題に なぜ作ったのか聞いてみた

いや、駄じゃれかい!

[のとほのか,ねとらぼ]

 ポルノグラフィティがメジャーデビュー20周年を記念して開催する「NIPPON ロマンスポルノ’19〜神vs神〜」の公式グッズがネットで「斜め上をいったwww」と話題を集めています。これは……やっちまったなぁ!

ポルノグラフィティ 臼 きね グッズ メジャーデビュー20周年を迎えるポルノグラフィティ

 9月8日にメジャーデビュー20周年を迎えるポルノグラフィティ。8月2日〜9月16日にはバンド史上初だというコラボレーションカフェ「喫茶ポルノ」をオープンしたり、8月30日〜9月9日には企画展「ポルノ展 20 YEARS EXHIBITION」の開催も予定されたりとお祝いムードが漂う中、「神vs神」は約10年ぶりに東京ドームでライブを開催。9月7日と8日の2デイズ開催となっており、タイトル通り、両日異なる“神セトリ”となっているとのことです。


 7月1日には、公式グッズの詳細も発表。ライブのロゴがプリントされたTシャツ、フェイスタオルを始め、サコッシュやバックパック、Calbeeとコラボしたポテトチップス(カード2枚付き)などバリエーションに富んだグッズがそろう中、ライブグッズとしては見たことがない臼ときねが異様な存在感を放っています。なお、価格は29,800円(税込)で「A!SMART」のみの購入となっています。臼ときねをどうしろっていうんだ……。


ポルノグラフィティ 臼 きね グッズ まさかの臼ときね

 これまでも、折りたたみ自転車(2012年)や防“サイ”セット(2015年)、ご祝儀袋(2016年)、ぬか漬けキット(2017年)など「ライブグッズ!?」と驚くようなアイテムで多くのファンを惑わせてきたポルノグラフィティのライブグッズ。今回もネットでは、「今年のライブグッズは… 臼と杵 さすがポルノだ……」「前回は漬け物つけて、今度はお餅をつけば良いんですか?」「またぶっ飛んだグッズがきた」と反響が続々。

 中には、毎年斜め上のライブグッズに鍛えられているためか「イスやテーブルにもできそうです!」と活用方法を見いだす人も。メンバーの新藤晴一さんは「自分の名誉のために言いますが、ウスを作ろうと言ったのは僕ではありません。クレイジーなスタッフを誇りに思います」と称賛しています。


 新藤さんが褒めたたえるスタッフはどんな思いで斜め上のグッズを作っているのか聞いたところ、2007年の「8th LIVE CIRCUIT "OPEN MUSIC CABINET"」でギターストラップを販売した際に、メンバーが「そんなもの売れる!?」「すごくチャレンジングで面白い!」と感じたことをきっかけに“チャレンジグッズ枠”なるものが誕生したとのこと。以降、スタッフは「メンバーの想像を超えるものを提案することに必死になってきました(笑)」と奔走しているようです。

 ぬか漬けキットは初日に用意していた数量が完売するほど人気だったようで、新藤さんも「そんなに売れたなら失敗じゃあ」と圧倒されていたとのこと。臼ときねについては、「『ぬか漬けキット』を超えるインパクト」「絶対に他のアーティストさんではまねできないアイテム」と意気込んでいたところ、「神vs神」のタイトルからラテン語で神を現すデウスに行きつき、「デ……ウス!」「臼」「臼しかない」と確信し、「無事メンバーの想像を飛び越えることができました(笑)」と説明しています。いや、駄じゃれかい!

 なお、購入を検討しているファンへは、「餅つきは、日本の伝統的な行事文化のひとつでもあるため、お正月はもちろんお祭りごとやお祝いごとなどの特別な日にはぜひ、餅つきをしてみてほしいです!!」と呼びかけています。みんな、餅つきしようぜ!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.