ニュース
» 2019年07月04日 12時47分 公開

マツダ「アテンザ」が「MAZDA6」に車名変更 2.5リッターターボを新導入して発売

「アクセラ」→「MAZDA3」に続き。

[ねとらぼ]

 マツダは7月4日、フラッグシップモデルのセダン/ステーションワゴン「アテンザ」の車名を「MAZDA6」に変更すると発表しました。新たに2.5リッターターボガソリンエンジンを導入し、8月1日に発売します。

フォト MAZDA6セダン「25T S Package」

 海外では従来から「MAZDA6」として販売しており、車名変更は「マツダブランドを鮮明化」するためと説明しています。マツダは、「アクセラ」の名称も海外向けと同じ「MAZDA3」に改めています。

 従来の2.2リッタークリーンディーゼル、2リッター自然吸気ガソリンエンジンに加え、「SKYACTIV-G 2.5T」を導入。最高230馬力、最大420Nmを発揮し、4リッターガソリンエンジン並みのトルクや、意のままにクルマを操れるというリニアな加速レスポンスなど、「マツダならではの『走る歓び』を体現したターボエンジン」だとしています。

 同エンジンを搭載する「25T S Package」グレードは、加速重視のファイナルギア比や、高性能な17インチの大径フロントブレーキを採用。スポーティーさを演出するブラック塗装のホイールとブラックレザーインテリアを専用設定し、上質さと走りへの期待感を高めています。

フォト MAZDA6セダン「25T S Package」インテリア
フォト MAZDA6セダン「25T S Package」ホイール

 また、安心感のある走りを実現する「G-ベクタリング コントロール プラス(GVC プラス)」を全グレードで標準設定としています。

 「25T S Package」の価格はセダン、ステーションワゴンとも423万9000円(税込)。そのほかのグレードは284万400円〜421万7400円(税込)。

フォト MAZDA6 セダンとステーションワゴン

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.