ニュース
» 2019年07月04日 15時11分 公開

「7pay」不正アクセス、900人・5500万円被害の可能性 新規登録と全チャージを停止

7payの不正アクセス被害が明らかになってきました。

[ねとらぼ]

 セブン&アイグループのバーコード決済サービス「7pay」で不正アクセス被害が出ている問題で、運営企業のセブン・ペイは7月4日、約900人、計約5500万円が被害にあった可能性があると発表しました。被害は全て補償するとしています。7payの新規登録を停止したほか、現金などによるチャージも停止。「原因追及を徹底的に行い、抜本的な解決に向けて改善策を図る」としています。

フォト 問題を受けて3日夜にクレジットカード、デビットカードによるチャージを停止していた(セブン-イレブンアプリの7pay画面)

 同社によると、第三者がなんらかの方法で7payユーザーのアカウントにアクセスし、本人になりすまし、登録されたクレジットカード、デビットカードを通じてチャージし、セブン‐イレブン店舗で商品を購入する──という被害が発生しているとのことです。

 7payがスタートした翌日の7月2日、「身に覚えのない取引があったようだ」とユーザーから問い合わせがあり、社内調査の結果、3日に不正利用が発覚。同日夜にクレジットカード、デビットカードによるチャージを停止しました。

フォト 発生の経緯など(セブン&アイのニュースリリースより)

 被害者に対しては、全ての被害に対して補償を行うとのこと。お客様サポートセンター緊急ダイヤ(0120‐192‐044)を設置し、不安に思われたユーザーは問い合わせるよう呼び掛けています。

 セブン・ペイの小林強社長は4日午後、記者会見し、「被害に遭ったお客様に深くおわび申し上げます」と謝罪しました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.