ニュース
» 2019年07月05日 08時00分 公開

ミツカンが「サイクロイド手巻き寿司」を発表 サイクロイド曲線を用いた美しい手巻き寿司の形

ネタかと思ったら本気だった……。

[宮原れい,ねとらぼ]

 ミツカンは7月4日、新しい手巻き寿司の形「サイクロイド手巻き寿司」が誕生したことを発表。家庭でも楽しめるよう「特製海苔型シート」を公開しました。


ミツカン サイクロイド手巻き寿司 特製海苔型シート デザイン サイクロイド曲線 業界初の「サイクロイド手巻き寿司」

 サイクロイド手巻き寿司はだれもが美しく巻くことができる海苔の形状を研究して作られたもの。研究の結果“サイクロイド曲線(※)”を活用することで、「平面を円錐状の立体に立ち上げて食べるというダイナミックな変化の面白さが増す」ことが分かったとのこと。実際に「サイクロイド手巻き寿司」が作れるシートを公式ページでダウンロードできます。

※サイクロイド曲線とは……円がある規則にしたがって回転するときの円上の定点が描く軌跡として得られる平面曲線の総称。一般にサイクロイドといえば定直線上を回転するものを指すことが多く、日本古来の神社建築の屋根や古代建造物などに見られる


ミツカン サイクロイド手巻き寿司 特製海苔型シート デザイン サイクロイド曲線 シートは公式ページにてPDFファイルがダウンロード可能です

ミツカン サイクロイド手巻き寿司 特製海苔型シート デザイン サイクロイド曲線 サイクロイド曲線の図

 同社が2019年5月に発足したプロジェクト「手巻き元年プロジェクト〜究極の手巻きへの挑戦〜」の一環。今回のデザインは千葉工業大学創造工学部デザイン科学科教授の佐藤弘喜氏が監修しています。

 プロジェクト開始時には、審美的価値などの観点からデザインを検討するも、進めるうちに手巻き寿司が本来持つ美しさは、“自然”が持つ人を引きつける美しさと同種の魅力だと感じたことから、自然原理を科学的にひも解く幾何学を用いたアプローチへ移行。そこで検討された3種の曲線「黄金螺旋」「カテナリー曲線」「サイクロイド曲線」から、より美しさと変化を印象的に表現できるのはサイクロイド曲線だという結論に達したとのことです。よく分からないけどすごく考えられていることだけはわかった……!

 「サイクロイド手巻き寿司」の詳しい巻き方や、プロジェクトの挑戦をまとめた動画も特設サイトで公開されているので、気になった方はチェックしてみるといいでしょう。


ミツカン サイクロイド手巻き寿司 特製海苔型シート デザイン サイクロイド曲線 シートのはさみの線に沿って全形のりをカット

ミツカン サイクロイド手巻き寿司 特製海苔型シート デザイン サイクロイド曲線ミツカン サイクロイド手巻き寿司 特製海苔型シート デザイン サイクロイド曲線 「すし飯エリア」「具材エリア」にすし飯と具をのせて巻いて完成!(詳しい巻き方は特設サイトにて)


ミツカン サイクロイド手巻き寿司 特製海苔型シート デザイン サイクロイド曲線 佐藤 弘喜/千葉工業大学 創造工学部 デザイン科学科 教授

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.