ニュース
» 2019年07月05日 18時09分 公開

米国株の取引手数料で値下げ合戦 マネックス「0.1ドル」発表、翌日に楽天証券「0.01ドル」

米国株取引のハードルが下がりそうです。

[観音崎FP,ねとらぼ]

 大手ネット証券会社で米国株の取引手数料を巡る“値下げ合戦”が起きています。マネックス証券が「最低0.1ドル」への引き下げを発表したところ、その翌日に楽天証券が「最低0.01ドル」への値下げを発表、「業界最安」をうたっています。

 マネックス証券は7月4日、これまで最低5ドル(税別)だった米国株の取引手数料を8日現地約定分から0.1ドル=10セント(税別)へと大幅に引き下げると発表。同時に米ドルの為替手数料(買い付け時)も半年間無料とします。7月8日現地約定分から適用します。

フォト 7月4日に「0.1ドル」への値下げを発表したマネックス証券(Webサイトより)

 この時点でマネックス証券は「主要ネット証券の中では最安」(7月1日時点)をうたっていましたが、5日になって、楽天証券が現在5ドルの最低手数料を22日現地約定分から0.01ドル=1セント(税別)に値下げすると発表しました。こちらも5日時点での「業界最安」をうたっています。

フォト 楽天証券は7月5日に「0.01ドル」への値下げを発表(ニュースリリースより)
フォト 「業界最安」をうたう楽天証券(ニュースリリースより)

 両社とも米国株の取引手数料は「約定金額×0.45%」ですが、従来の「最低5ドル」では、取引額が1111ドル以下の場合は割高だった計算になります。

 米国株は1株単位で売買できることもあり、最低手数料の大幅な引き下げが効いてきます。例えばフラッシュマーケティングの「グルーポン」(NASDAQ、GRPN)株価の3日終値は3.58ドル。この1株を買うのに手数料を5ドル払っていたら取り返すのは相当難しいと思いますが、値下げ後はマネックス証券なら0.1ドル(10セント)、楽天証券なら約0.016ドル(約1.6セント)で済みます。手数料負けしない損益分岐点は大幅に下がります。

 大手2社の引き下げで、より気軽に米国株取引ができるようになりそうです。今後、他社の追随や対抗値下げなどもあるかもしれません。

フォト あのグルーポンの株価(Yahoo!ファイナンスより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン