ニュース
» 2019年07月05日 19時30分 公開

「(10年続くなんて)全く思っていなかった!」 10周年の「私立恵比寿中学」が明かすこれまでとこれから

「キレのないダンスと不安定な歌唱力」から「キレのない語彙(ごい)力不安定なトーク力」へ

[ねとらぼ]

 転入、転校を経て2019年で活動10周年を迎えたアイドルグループ「私立恵比寿中学」。「岡崎体育」や「ゲスの極み乙女。」「ももいろクローバーZ」などを迎えて6月22日に行われた「『MUSiC』フェス〜私立恵比寿中学開校10周年記念 in 赤レンガ倉庫〜」や、100周年を迎えた「カルピス」の記念プロジェクト「タナバタノオト」の第一話とタイアップするなど、より精力的に活動する年となっている。

 今回は、メンバーの真山りかさん、柏木ひなたさん、小林歌穂さんの3人に、10周年を迎えての話や、10年間の出来事などを聞いた。

私立恵比寿中学 10周年 インタビュー 真山りか 柏木ひなた 小林歌穂 エビ中

―― 激動、と一言では言い表せないほど、うれしいことも悲しいことも経験した10年だったと思いますが、この10年で特に印象深いニュースは何でしたか?

小林 まず、10年続けているのがニュースだなと。10年アイドルでい続けるのはすごいことだから、すごいよなって(笑)

柏木 いろいろありましたが、自分の地元である千葉の市民会館でライブできたのが個人的に一番のニュースでした。エビ中に入る前からよく行っていた場所でライブができたのは本当にうれしかったです。親孝行にもなったし、それまで遠い場所や大きい会場にはなかなか呼べなかったおばあちゃんを呼べたのがすごくうれしかったです。こんな活動していたんだ、って褒めてもらえて。

真山 私は最近の話になりますけど、「MUSiCフェス」を開催できたことはめちゃくちゃ財産でした。自分がもしエビ中を辞めることがあれば、何か残して辞めたいとずっと思っていますが、MUSiCフェスはその1つだと思います。エビ中は、人見知りなグループだと言われちゃうこともあるくらい友人や知人が少なくて……そんな中でも来てくれた先輩たちを迎えられたのはうれしかったですし、自信にもつながりました。

私立恵比寿中学 10周年 インタビュー 真山りか 柏木ひなた 小林歌穂 エビ中 私立恵比寿中学の楽曲「トレンディガール」のアー写

―― 3人は真山さんの10年を筆頭に、柏木さんが8年、小林さんが5年、エビ中として活動されています。苦しかった瞬間や、10年の間でこれが転機だった、といま振り返って感じることを教えてください。

真山 挫折ではないですが、どうすればいいか分からなかった瞬間はあります。それは、ずっと一緒にやってきた瑞季が転校してしまったとき。そのとき初めて「どうしよう」となってしまったんです。その後2014年に歌穂莉子が入ってきて、これは自分が仕切るしかないなと。

 でも、私はサッカーをやってきたこともあって、体育会系。このノリでいくとみんなを苦しめるだろうと分かっていたので、あえてちゃらんぽらんな年上を演じることでまわりにしっかりしてもらう、というある種の処世術を身に付けたんです。

柏木 私も瑞季の転校は大きかったですね。それまでずっと私がグループで年下ということもあって、グループにおける自分の役割が明確でなかったんですが、ダンス部長だった瑞季が私を2代目に選んでくれて初めて役割ができた気がしました。

 ただ、私は決してダンスがうまいわけではなかったので、どうして私が選ばれたのか分からなかったし、ファンの人には「瑞季に選ばれたんだから(ダンスが)うまくて当たり前」とみられるようになって、そのことで悩むようになりました。

 でも、2016年の年末のライブに瑞季が遊びに来てくれたときに「ダンス部長、頑張ってくれているんだね」と言われて、初めて報われた気がして号泣してしまったんです。そこからは吹っ切れて、胸を張ってダンス部長をやっている自分でいられるようになりました。

小林 私は、歌もダンスも得意じゃないままグループに入ってきたのですが、病気になってしまったとき、レッスン中みんなをただ見ているだけの時間が増えて、すごく寂しかったんですよね。一歩引いてみることで、みんなのダンスのうまさにも気付いてしまって。それから、このままじゃダメだと思って、下手なりに努力してきて、いまようやく追い付けてこれたと思います。

私立恵比寿中学 10周年 インタビュー 真山りか 柏木ひなた 小林歌穂 エビ中

―― この流れで初期メンバーの真山さんにお聞きしますが、結成当初、エビ中が10年続くアイドルグループだと思っていましたか?

真山 全く! 最初エビ中は期間限定だと言われていて、「いつ終わるんだろう?」「いつ終わっちゃうんだろう?」と思っていたのに、新メンバーが入ってきたりして(笑)。今でも10年続いているのが奇跡と思うくらいですが、無事に迎えられたのはメンバー、スタッフ、そして何よりファンの皆さま一人一人のおかげだと思います。

―― そんな奇跡のような10周年という区切りである2019年、「カルピス」100周年のプロジェクト「タナバタノオト」のプレイリスト型MVアニメーションの第一話に、エビ中の楽曲「結ばれた想い」が起用されました。ご覧になっていかがでしたか。

私立恵比寿中学 10周年 インタビュー 真山りか 柏木ひなた 小林歌穂 エビ中

私立恵比寿中学 「結ばれた想い」MV /「タナバタノオト」第1話

柏木 青春! って感じ。エビ中の曲がアニメーションとマッチしていて、新鮮さも良かったです。この素敵な取り組みの第一話に選ばれたのも、すごく名誉なことだと思います。

小林 完成するまでは全然想像がつかなかったけど、曲がメインのようになっていたのがうれしかったです。アニメーションだけど、本当にMV感覚で見られて。

真山 すてき、の一言ですね。ファンタジーがすごくてグッと来ました。最後がどうなるか、私たちもまだ分かりませんが、主人公であるナナセちゃんたちと一緒に天の川が見られたらいいな、と思って先を楽しみにしています。

私立恵比寿中学 10周年 インタビュー 真山りか 柏木ひなた 小林歌穂 エビ中
私立恵比寿中学 10周年 インタビュー 真山りか 柏木ひなた 小林歌穂 エビ中

―― 「結ばれた想い」の歌詞は、ラッパー/トラックメイカーのさなりさんによるものですね。歌詞ができたとき、何を思い、何を大切に歌いましたか。また、エビ中との相性はいかがでしたか。

小林 私はファンタジーな世界観が好きだからか、「お伽話でいいね」というフレーズにすごく引かれました。それに、すごく今っぽい歌詞だなって。

真山 その感じ分かる。さなりさんって、フレッシュなのに成熟していらっしゃって。本物の天才だなと。あとは、エビ中って「僕」と入る歌詞があまりないんです。だから、それがエビ中としても新鮮で良かったと思います。

柏木 僕らは結ばれているのに、なぜか切なく感じてしまう歌詞だと思いました。タイトルと歌詞がすごくシンプルでストレートで。その真っすぐさが、エビ中にマッチしている気がして、勝手に親近感のようなものを感じて歌っていました。

―― 「タナバタノオト」が公開されているエビ中の公式YouTubeチャンネルでは、「エビ中こんなに歌うまかったっけ?」「(ファンなのに)最初誰が歌っているのか全然分からなかった…」などのコメントが多く見られました。結成当初は「キレのないダンスと不安定な歌唱力」をキャッチフレーズにしていたのに、10年の間に歌唱力も評価されるようになったことをどう思いますか。

柏木 そういうフレーズがついていたから、私たちって成長しちゃ駄目なのかな? って悩んだ時期もありました(笑)。でも、いまでは「成長したね!」って言われると「そりゃそうだよ!」って思います。だって、10年やってきているんだもん!(笑)

真山 いま言われると「これは……もしかして……皮肉……!」と思っちゃいますよね(笑)。10年やってきてもし本当に成長してなかったら、それはそれで才能でしょ!(笑)。でも、私たちも年相応に成長できて良かったよね(笑)。

私立恵比寿中学 10周年 インタビュー 真山りか 柏木ひなた 小林歌穂 エビ中

―― では、今、新たにグループのキャッチフレーズを考えるとしたら?

真山 「不安定な歌唱力」というのはコンプレックスでもあったので、ライブでもMCをしている暇があるなら歌! という感じで、とにかく歌う時間を長く取るようにしていたら、MCの打率が下がっちゃって……(笑)

柏木 だから……いまだと「キレのない語彙(ごい)力不安定なトーク力」かもしれないです(笑)。この先10年で、今度は「トーク力も成長したね!」と言われるグループになりたいので、MCも増やしていきたいです。

―― 応援しています。では、トーク力以外でこの先10年の目標には何を据えていますか?

小林 アリーナツアーをやってみたいです。いつもとは違う感覚でやれるんじゃないかと思っているので。

真山 あとは紅白にも出たい! でも、年齢を考えると、振りをもっと優しくてしてもらわないと。手を振るだけ、とか(笑)。ファンの人たちのためにも、きっとそっちの方がいい気がします。

柏木 私は、もっとテレビに出て、皆さんに見ていただく機会を増やしていきたい。「私立恵比寿中学」とか「エビ中」ってグループ名を聞いたことあるという方はありがたいことに増えてきたんですが、メンバーの顔と名前までは分からない人も多いと思うので。紅白はその1つですね。

―― 20周年に向け、これからも応援しています。最後に一言お願いします。

真山 どこでもいいので、少しでも「エビ中」というワードに触れる機会を増やせたらと思っているので、ファンの皆さまはぜひ引き続き一緒に頑張れたらと思っていますし、まだ知らない方はエビ中、いいですよ! お待ちしてます! と伝えさせてください(笑)。

柏木 エビ中は、いい意味でアイドルの概念を壊せるグループだと思っているので、ファンの人はもっともっと、そして知らない人はこれから、ぜひエビ中という沼にハマっていただけたらうれしいです。

小林 今回、「カルピス」タイアップの「結ばれた想い」からもしつながることができたら、結ばれることができたら、ぜひ他にもいろいろな楽曲を聞いてほしいです。10周年。まだ上半期が終わったばかりで、下半期にもいろいろ計画しているので、楽しみにしていてくださいね!

私立恵比寿中学 10周年 インタビュー 真山りか 柏木ひなた 小林歌穂 エビ中

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」