ニュース
» 2019年07月05日 19時55分 公開

『花とゆめ』読み切り漫画の絵柄が他の作家と酷似 「編集部が率先して誘導した結果」と編集部が謝罪

「本来なら掲載を中止しなければならない程、酷似していたにも関わらず、雑誌に掲載するという過ちをおかしてしまいました」と謝罪しています。

[ねとらぼ]

 『花とゆめ』(白泉社)編集部は7月5日、6月20日発売の同誌14号に掲載されていた読み切り作品について、主人公のキャラクターが他の作家の絵柄に酷似しているとの指摘があったとして謝罪しました。

謝罪文

 謝罪文には当該作品の名前は記載されていませんが、Twitterでは14号発売時から、読み切り漫画「ロマンスとバトル」の主人公が、漫画家・種村有菜さんと絵柄に非常に似ているという指摘が寄せられていました。

 編集部は、絵柄が似ているのは「編集部が率先して先生の絵柄に近しい方向へと誘導した結果」と説明。「本来なら掲載を中止しなければならない程、酷似していたにも関わらず、雑誌に掲載するという過ちをおかしてしまいました」と述べ、編集部の意識・認識の甘さが原因として謝罪しています。

電子版の目次。当該作品は掲載されていない

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.