ニュース
» 2019年07月06日 10時00分 公開

IKEAがソファフォント“SOFFA Sans”を突然配布 「世界で最も快適なフォント」

遊び心がすごい。

[関口雄太,ねとらぼ]

 家具販売を行うIKEAが"世界で最も快適なフォント"として、ソファを連結した書体デザイン「SOFFA Sans」を配布しています。ソファ配置シミュレーションツールを利用した大喜利が、Twitterを中心に話題となっていたことを受けて、フォント配布に至ったようです(関連記事)。


IKEA、ソファプランニングツール大喜利に便乗した ソファでできたフォント(画像はIKEAより)

 「SOFFA Sans」は、IKEAの「VALLENTUNA」というソファをベースにして作られたフォント。ファイルの説明には「配置ツールを使った顧客から影響を受けた」との記載があり、どうやらIKEAが公開しているソファ配置シミュレーションツールをめぐる一部の利用者の盛り上がりに乗っかった形のようです。

 IKEAの公式サイトでは、複数のソファを組み合わせることで、サイズやコストを算出できる配置シミュレーションツールを公開中。自由な組み合わせができるため、実用面ではあり得ない配置にして遊ぶという現象が一部のユーザーの間で流行していました。本来の使い方を無視したブームに理解を示すIKEAの遊び心がすてき……!



 フォントのカラーバリエーションは全部で3種類で、Hillared Dark Grey、Hillared Light Blue、Murum Whiteとなっています。それぞれ、傾斜からの視点であるアイソメトリックでの配布。いずれのパターンでも、アルファベットと数字を使うことが可能です。

 また、Hillared Dark Greyに限っては、鳥瞰図の視点デザインも提供しています。真上からながめた視点の鳥瞰図では、もはやソファだと判別するのは困難ですが、そこが遊び心なのかもしれません。


IKEA、ソファプランニングツール大喜利に便乗した Hillared Dark Grey(画像はIKEAより)

IKEA、ソファプランニングツール大喜利に便乗した Hillared Light Blue(画像はIKEAより)

IKEA、ソファプランニングツール大喜利に便乗した Murum White(画像はIKEAより)

IKEA、ソファプランニングツール大喜利に便乗した Hillared Dark Greyの鳥瞰図(画像はIKEAより)

 海外メディアThe Drumによると、「SOFFA Sans」を実際のソファで再現するには1434点のアイテムが必要で、お値段は総額10万6320ポンド(約1450万円)にも上るとのこと。なお、フォントの制作にはイギリスのデジタルエージェンシーProximity Londonが協力しています。


IKEA、ソファプランニングツール大喜利に便乗した "世界で最も快適なフォント"を手に入れよう(画像はIKEAより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.