ニュース
» 2019年07月06日 20時00分 公開

車のエンジンルームに迷い込んだ子猫 逃走するも何とか無事に救助されひと安心

「猫バンバン」の必要性を感じる一件ですね。

[かのん,ねとらぼ]

 米カリフォルニア州ロサンゼルスで活動する動物保護団体「Hope For Paws」が、自動車のエンジンルームにいた子猫を救助する様子をYouTubeの公式チャンネルで公開しています。



 ある日「車のエンジンルームから猫の鳴き声がする」という緊急の救助依頼が同団体に入りました。早速現場に向かう職員たち。車の持ち主の女性いわく、運転中に客人の飼い犬が猫の鳴き声に気付いたそうです。


猫 人間を警戒して出てきません

 ボンネットの中をのぞいてみても猫の姿は見当たらず、車の下からのぞき込んでみると装置とホースの間にちょこんと小さな子猫の姿が見えました。警戒しているのか、手を差し伸べても威嚇を繰り返し、出てきてはくれません。

 中に入り込んだ子猫を手で引っ張り出すのは難しく、逃走されて渋滞の中に飛び出していく危険性もあります。そのため、車をフェンスで囲いましたが長さが足りず、その隙間から子猫は逃げて別の車の下に入っていってしまいました。


猫 今度は別の車のタイヤの上に隠れています

 子猫を見失い、列になって停まっている車の下を順番にフェンスで囲いながら探す職員たち。YouTubeで猫の鳴き声を流しておびき寄せます。鳴き返す声を頼りに場所を特定し、ボンネットを開けると子猫ちゃんが! 車の持ち主の男性がさっと子猫を抱き上げて救助完了です! 子猫は衰弱している様子がなく、通報者の女性たちからは安堵の笑みがこぼれました。


猫 無事救助!

 団体の施設できれいに洗われた子猫ちゃんは、エンジンルームにいたことから「アクセル」という名前を付けられました。その後ロサンゼルスの「Cat connection LA」という里親を探す施設で元気に過ごしているようです!


猫 新しい飼い主さんが見つかるのを待っています

 エンジンルームに迷い込むと、その熱で大ケガをする可能性もあります。今回はワンちゃんが気付いてくれて本当に幸運でした。これからすてきな飼い主さんが現れることを心から祈っています!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.