ニュース
» 2019年07月06日 19時55分 公開

市販化は目前? レクサス、新型「LCコンバーチブル」試作車を一般公開 最上級モデルのオープン型 (1/2)

レクサスの最上級クーペをオープンカーにした新型モデル。

[志田原真俊,ねとらぼ]

 英国で2019年7月4日から始まったモータースポーツイベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」。その目玉となるヒルクライムレースに、レクサスの新型オープンカー「LCコンバーチブルモデル」の試作車が登場しました。

グッドウッド レクサス LC コンバーチブル 「LCコンバーチブルモデル」試作車(写真:トヨタ自動車、以下同)

 レーシングカーからクラシックカーまで、新旧の名車が集うこのイベント。ときには発売前の注目モデルが持ち込まれることもあり、1年前にはGazoo Racingカラーのカモフラージュが施された新型「スープラ」が、はじめて一般の観客の前で走る姿を見せました。

 このLCコンバーチブルモデルも同じく開発中のプロトタイプで、正式な車名やスペックなどは明らかにされていませんが、市販化が期待できそうです。

グッドウッド レクサス LC コンバーチブル 最上級クーペ「LC」のオープン版

 1月にデトロイトモーターショーで初公開されたLCコンバーチブルは、レクサスの最上級クーペ「LC」のオープン版。ロングボディと流麗なフォルムが美しい、高級車らしいたたずまいのラグジュアリークーペです。

 QRコードのような不思議なパターンを身にまとった試作車は、「SUPER GT」でもLCベースのマシンを操るニック・キャシディ選手がハンドルを握りました。高級車であると同時にスポーツカーとしても高いポテンシャルを誇るLCがオープンカーになったら、その走りは気持ち良いこと間違いなしですね!

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.