ニュース
» 2019年07月06日 21時42分 公開

東映側、ヒーローショーのハラスメント告発を認める 厳粛な処分と被害者に謝罪を

スタッフへのハラスメント講習や継続的な教育プログラムの作成など対応策も。

[ねとらぼ]

 東京ドームシティ シアターGロッソでヒーローショーのお姉さん(MC)を務めていた女性がハラスメント被害をTwitterで告発した件で、東映エージエンシーおよび東映は7月6日、ハラスメントが確認されたとして被害者への謝罪と対応策を明らかにした。

ハラスメント認定 東京ドームシティの報告

 被害者は6月23日、自身のTwitterで約1年にわたり握手会中に水をかけるなどの嫌がらせや胸やお尻を触るといったセクハラなどのハラスメントがあったことを訴えていた(関連記事)。

 東映側は被害者および関係者からの聞き取り調査により、1人の社員のほか委託先の会社に所属するスタッフ等の計6人により、訴えのとおりハラスメント等が行われていたと報告。ハラスメント等を行ったスタッフに対し、今後その関与の度合いに応じた厳粛な処分と対応を行うとしている。なお、関わった社員に対しては、開催が予定されているヒーローショーの制作に関与させない旨も明らかにした。

ハラスメント認定 東映エージエンシーの社員も関わっていたと報告

 今後の対策としては被害者の意見も取り入れ、ヒーローショーに関わるスタッフが事前にハラスメント講習を受講することを必須とし、ハラスメント等が起きないよう継続的な教育プログラムを作成。併せて、ヒーローショーに関わる全てのスタッフが匿名で相談可能な外部窓口の設置、第三者による現場における定期的な聞き取り調査などを行うことにした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.