「感動ポルノ」だけじゃなく、「炎上ポルノ」もあるよね―― ねとらぼ編集部員に聞く「お前の原体験はなんだ」 〜たろちん編〜ねとらぼの中の人インタビュー(2/4 ページ)

» 2019年07月07日 18時00分 公開
[イッコウねとらぼ]

たろちん:嫌いっていうか……まぁ好きじゃないよね(笑)。いや、もちろんみんながより良く使えるようになった結果でもあるし、昔に戻せとも思わないけど! ただ、当時の僕を救ってくれたインターネットはどっか行っちゃったという感じもする。今のインターネットでこういうこと言うと「老害が何言ってんだよ」って言われちゃうけど、「完全に俺はインターネット老害だな」って自覚はあるんですよ。


たろ 今のネットは好きじゃないのかぁ

――中学生の頃のたろちんさんのように、鬱屈した思春期を迎えている子たちは今どうしてるんでしょうね。

たろちん:でも、例えば昔はアニメ好きとかネット好きってだけですげえ嫌われてたけど、オタクという人種への迫害はだいぶ減ったじゃない。昔はすげえ嫌われてたよ。中学生のころなんて「Yahoo!で検索すれば分かるよ」みたいなこと言っただけで「キモッ」「こわっ」って言われたり。「Welcome to Underground」みたいな扱いされてさ(笑)。

※Welcome to Underground:2ちゃんねる(現・5ちゃんねる)で流行したコピペのこと。痛いネットオタクをからかうような内容。

――今はそういうタイプの人はインターネットに逃げる必要がなくなったのかもしれませんね。

たろちん:そうかもしれない。居住権を与えられたっていうか、ネットで顔出したり本名出すのも抵抗なくやってるし、逆に今は自分に似た仲間を見つけやすくなったかもしれないですね。

――昔と今とのネットの違いは感じますか。

たろちん:良くはなってるでしょうねえ。昔のネットって優しくはなかったんですよ。昔は「半年ROMれ」みたいに分かってるやつしか参加できない閉鎖的な空気があって、それが黎明期だけの面白さになっていた部分があるけど、今は誰にでも開かれてて使いやすい。ただ、開かれてるが故に「嘘を嘘と見抜けない人」も増えて……「こんなのに騙されちゃうの?」というデマが拡散されちゃったりもするようになりましたよね。「いかがでしたかブログ」みたいな内容の薄いページが検索上位にきちゃうような仕組みの問題もあるけど。

――「ラッスンゴレライは反日」みたいな話も、昔だったらネタで終わってたかもしれませんね。

たろちん:(笑)。僕らもそういう部分をよくしたいとは思いますよね。

――今はねとらぼもそれなりに存在感のあるサイトになってきている中で、「ねとらぼはもっとこうなって欲しい」みたいなのはあります?

たろちん:えっ……俺がそんなこと言うの? イチ社員なんだけど。


たろ 「俺が言って良いんですか」みたいな顔

――良いんじゃないですかね。古参だし。

たろちん:んーなんだろうね……。個人の意見だけど、PV主義に陥らないことかな。

――(爆笑する)

たろちん:まぁ、全メディアが思ってることなんだろうけど。理想と現実のバランスって難しいですよ。いいメディアが赤字を理由になくなったりするの見ると「社会だな」って思う。

――まぁ確かに、PV主義に対する嫌悪感を持ってる人は多いですよね。……ってかこれ、記事になるんですかね……(小声)。

たろちん:わかんない。


たろ なにわろとんねん

――(記事にできるのかという不安をかかえつつ)“読者のため”を最重要視してるわけですしPVはとても優れた基準ではあると感じますが、僕もそれ以外の価値観を考慮したくなることはあります。

たろちん:分かります分かります。僕も「こういうストーリー好きでしょ?」みたいなのに寄せていっちゃうところはあるね。でも難しいよね、それを読みたい人もいればそれに対して一言言いたい人も当然いるわけだし、いろんなことをやろうとしてもリソースには限度があるわけだしさ。

 少し話がそれるけど、僕、炎上記事が苦手なんですよ。悪いことは直していくべきだけど、ネット民の「怒り」が過剰すぎてなんでも炎上させようという風潮がちょっと強すぎじゃないかと。最近ようやく「正義が暴走しても良くないんじゃないか」みたいなことも言われ始めてるけど……。もうちょっと優しいインターネットであってほしいというか……まぁ、僕は、明るいニュースで盛り上がれるようなインターネットになってほしいな〜なんて、イチ記者として思います(作り笑い)。

――なんか急にキャラ作ってきた。

たろちん:記事にしやすいコメント残しておこうと思って……。


たろ お気遣いありがとうございます

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/26/news010.jpg 熟睡する2カ月赤ちゃん、お布団をめくるとそこには…… もん絶級の寝姿に反響「可愛いが大渋滞してる」「天使寝てはる」
  2. /nl/articles/2405/26/news042.jpg 「これはヤバい」 ハードオフに6万6000円で売っていた“まさかの楽器”に仰天 「安すぎない?!」「家に欲しい」
  3. /nl/articles/2405/26/news008.jpg ビオトープを立ち上げて1カ月半後、衝撃的な生き物が住み着いていた! 「生命の力に感動」「聞いたことない……」と驚きの声
  4. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. /nl/articles/2405/26/news002.jpg 1歳息子、乗っている車が洗車機に突入した瞬間…… かわいすぎる反応に「愛おしい!」「何回も見ちゃった」
  6. /nl/articles/2405/25/news034.jpg 「号泣しちゃう」 引きこもり気味の男子が“垢抜け” → その大変身に「おおお!」「凄い」と驚きの声
  7. /nl/articles/2404/28/news005.jpg 「とんでもないものが売ってた」 ハードオフに“33万円”で売られていた「まさかの商品」に思わず仰天
  8. /nl/articles/2405/26/news005.jpg 生後1週間の三毛猫4姉妹が1年後…… “女優”のような風格への変貌に「すご〜い!」「すっかりレディ」
  9. /nl/articles/2405/23/news182.jpg ごみ箱上の微妙なスペース→“100均材料”でおしゃれな棚が爆誕 630万再生の神アイデアに「やってみたい」「天才」
  10. /nl/articles/2405/25/news022.jpg 432の平方根を求めよ 中2なら秒で分かるかもしれないクイズ【番外編・中3数学】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評