レビュー
» 2019年07月08日 11時30分 公開

“言いたいことを言えない”息子が結婚するのを心配する母親「そうさせたのはお母さん!」 「テレフォン人生相談」先週のハイライト(1/2 ページ)

どこまで先回りして心配するのか。

[北村ヂン,ねとらぼ]

 「テレフォン人生相談」(ニッポン放送・月〜金曜11時〜 配信)先週のハイライト。今回ピックアップしたのは7月4日(木)放送の柴田理恵パーソナリティー回。彼女との結婚を考えている次男に対し、「イヤになっても離婚する度胸がないのでは……」など、先回りしまくって心配する母親からの相談。


テレフォン人生相談 パーソナリティ:加藤諦三(評論家)、今井通子(作家・登山家)、ドリアン助川(作家・ミュージシャン)、柴田理恵(女優・タレント) イラスト/北村ヂン

あれもこれも心配だから結婚に反対

 相談者は58歳女性。夫は60歳。既婚の長女32歳。独身の長男30歳。問題の次男は28歳。交際相手は29歳だという。

 次男が大学時代から交際している彼女との結婚話が持ち上がっているようなのだが、相談者は「相手の家庭に問題がある」と考えており、結婚に乗り気ではない。

 交際相手の両親は、父親の退職タイミングで最近離婚。現在は交際相手とその母親がマンションでふたり暮らしをしている。料理をはじめとした家事全般が苦手なようで、

 「食事の支度などを母親にやってもらいたい」と、母親との同居を希望しているのだ。

 「食事の支度ができないから、お母さんにやってもらうということで……親離れしていない娘さんだなと思うんです」

 交際相手は身体も弱いらしいということで、万一、母親よりも先に亡くなってしまったら……と考え出すと、コレも心配だ。

 「同居しているお母さんとウチの息子が残ってしまうようなことがあると、お年を召しているでしょうし、放って出てくるわけにもいかないですし……」

 まだまだ心配は続く。

 「一番心配なのは、息子がちょっとおとなしい性格なもんですから、同居して2対1で、いつも我慢我慢の生活になりやしないかと」「もしイヤになっても離婚しようっていう度胸もなく、それで一生終わってしまうような気がして……」

 子どもの頃から「イヤなことをイヤだ」と言えない、反抗期もなかったような子だっただけに心配が尽きないようだが、相談者はまだ相手の女性と会ったこともない段階。ちょっと先回りして心配しすぎだ。柴田理恵がいきなり核心を突く。

 「随分、先々のことまでご心配なんですねぇ〜」

 もうこの一言に尽きるよ!


テレフォン人生相談 先回りして心配しすぎな母親に対して、柴田理恵がいきなり核心を突く イラスト/北村ヂン

お母さんは黙ってるしかないの、もう!

 この日のアドバイザーは弁護士の大迫恵美子。

 そもそもの問題として、相談者は次男の交際相手の女性と、そして次男は同居を求められている相手の母親にまだ会ったことがないという。

 「あまりにも情報が少ないところで悩んでらっしゃるので……」

 とりあえず、それぞれ会ってから考えたら? という話だ。そして、それ以上に問題なことがあると指摘する。

 「もう28歳になった男の子が結婚するとかしないとかっていうことについて、『止めなさい』とか『勧めます』とかっていうことをお母さんが言って、それで話が通るんだとするとね、それもまた大問題だと思うんですよ」

 伝え聞いた情報だけでここまで反対しているのも問題だし、実際に会ってみて「こんな人が嫁になるのは本当にイヤだ」と具体的に思ったとしても、それに次男が従うと考えているのだとしたら、それはそれで問題だ。

 「私もホントだったら、おめでとうって言ってやりたいんですが、心配の方が大きかったもんですから……」

 長女は既に結婚しているものの、息子ふたりは未婚。おそらく、いつまでも息子を手放せないタイプの母親で、何だかんだと心配事を作りあげて、結婚に反対しているのだろう。

 交際相手について相談者は「親離れしていない娘さんだなと思うんです」と語っていたが、むしろ相談者の子ども離れできていないっぷりの方が異常だ。

 いつもは相談者を優しくフォローすることが多い柴田理恵も、この日は珍しく厳しい口調でさとしていた。

 「お子さんは我慢する子だったと。おとなしい子だったと。反抗期もなくて。そうさせて来たのはお母さんだと思います。お母さんが我慢させて、お母さんが言いたいことも言わせなくて、お母さんが反抗期にさせなかったんだと思う!」

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2108/04/news015.jpg 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  2. /nl/articles/2108/03/news132.jpg 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  3. /nl/articles/2108/04/news138.jpg アゼルバイジャン五輪代表チーム内で、意外な日本語がトレンドに 「落ち込んじゃったら日本のみんなはなんていうの?」
  4. /nl/articles/2108/05/news122.jpg キモノ風ですてき! 英金メダリスト、プールサイドで編んでいたカーディガン披露「五輪を思い出させる何かが作りたくて」
  5. /nl/articles/2108/04/news164.jpg 「可愛いいいい」「ハートに恋の毒が回りました」 本田真凜、『鬼滅の刃』胡蝶しのぶのコスプレでファンを魅了
  6. /nl/articles/2108/03/news029.jpg もしや女として見られていない? 突然の別れ話に「勝負メイク」で抵抗する漫画 彼氏の言葉がじんと響く
  7. /nl/articles/2108/05/news142.jpg おうちに帰るまでがオリンピックです! 五輪参加アスリート&ジャーナリストが感動した日本式“お見送り”
  8. /nl/articles/2108/05/news015.jpg 飼い主がお風呂に入ろうとしたら……ワンコの先客が!? 一番風呂でくつろぐゴールデンレトリバーに爆笑
  9. /nl/articles/2108/05/news037.jpg 子犬「暑い、むりぃ……」 早朝のお散歩で見せたモフモフワンコの全力な表情が応援したくなる
  10. /nl/articles/2108/04/news154.jpg Twitterで「今見てたツイートが急にスクロールしてどっか行く現象」を抑える方法が話題 「助かる!」「地味にストレスたまってた」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くたばれ」「消えろ」 卓球・水谷隼、SNSに届いた中傷DM公開&警告「然るべき措置を取ります」
  2. 「貴さん憲さんごめん。いや、ありがとう」 渡辺満里奈、とんねるずとの“仮面ノリダー”思い出ショットが大反響
  3. 怖い話を持ち寄って涼もう→「オタバレ」「リボ払い」 何かがズレてる怪談漫画がそれはそれで恐ろしい
  4. おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  5. 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気
  6. 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  7. 五輪飛び込み金メダリスト、“手作りメダルポーチ”披露 英国と日本にちなんだデザインが「これまた金メダル級」と反響
  8. 武井壮、行方不明だった闘病中の父親を発見 「電気ついてるのに鍵閉まってて……」本人は自宅外で休憩
  9. 「涙が止まらない」「やっと一区切り」 東原亜希、夫・井上康生の監督退任で“17年分の思い”あふれる
  10. 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する