ニュース
» 2019年07月09日 10時37分 公開

楽天モバイル、MVNO事業「DMM mobile」を継承 「DMM光」も

楽天モバイルは10月より基地局を備える“第4の携帯電話会社”としてサービスを開始する予定。

[ねとらぼ]

 DMM.com(以下DMM)は2019年9月1日より会社分割の方法により、MVNO事業「DMM mobile」およびフレッツ光を利用したインターネットサービス事業「DMM光」を、楽天モバイルへ承継することに合意したと発表した。

 「DMM mobile」は、2014年12月にサービスを開始したNTTドコモのLTE/3G回線を利用するMVNOサービスで、国内MVNO(SIMカードによる通信事業)契約数は約24万。「DMM光」は、NTT光ファイバー回線の「フレッツ光」を使用したインターネット通信サービスで、契約数約2万となっている(ともに2019年6月30日時点)。事業承継後も、既存ユーザーへのサービス名称は当面変わらないとアナウンスしている。

 一方、2014年10月よりMVNOサービスの提供を開始した「楽天モバイル」は、楽天グループのサービスとの連携などが特徴で、楽天モバイルショップの店舗数も全国で500店舗を突破している(2019年5月10日時点)。今回の事業継承については、「楽天モバイルは、モバイル事業の顧客基盤の拡大と、それに伴う『楽天エコシステム』におけるメンバーシップの強化を図るため」と説明している。

 楽天モバイルは2019年10月より移動体通信事業者(MNO)としてのサービスを開始する(関連記事)。

dmmmobiledmmmobile DMM mobileおよび楽天モバイルの公式サイト

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.