ニュース
» 2019年07月09日 19時03分 公開

吉野家HD、第1四半期は黒字に転換 「超特盛」ヒットの牛丼が好調

吉野家の既存店売上高が好調に推移したとのこと。

[観音崎FP,ねとらぼ]

 吉野家ホールディングスが7月9日に発表した2020年2月期第1四半期(19年3月〜5月)の連結決算は、本業のもうけを示す営業損益が10億4400万円の黒字となり、赤字だった前年同期(1億7800万円の赤字)から黒字転換しました。

フォト 28年ぶりという牛丼の新サイズ「超特盛」(税込780円)と「小盛」(税込360円)を投入し、ヒット

 売上高は6.0%増の527億9900万円。牛丼チェーンの「吉野家」は、3月に投入した「超特盛」が1カ月で100万食を販売するヒットになったほか、うどんチェーンの「はなまる」とのコラボや宅配対応店舗の拡大などに取り組み、既存店売上高が6.1%増と好調に推移しました。

 うどんチェーンの「はなまる」、すしチェーンの「京樽」(「海鮮三崎港」など含む)も増収増益でした。

 この結果、前年同期に3億8800万円の赤字だった最終損益も、10億9700万円の黒字に転換しています。

 通期の業績予想は据え置き、売上高は2080億円(前期比2.8%増)、営業利益は10億円(前期比9.5倍)。最終利益は1億円の黒字を見込んでいます。

フォト 吉野家の株価推移(Yahoo!ファイナンスより)

 この日の株式市場で、吉野家HD(東証1部)は午前に上昇して1946円の年初来高値を付けていますが、終値では前日比27円安(-1.41%)の1883円でした。終値ベースの株式時価総額は1226億円です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む