ニュース
» 2019年07月10日 19時30分 公開

「私が好きなのはモブ田くんだけ」「モブ男は俺のモノだ」 モブキャラが超モテる漫画でラブコメの法則が乱れる

脇役にだっていいことあるさ。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 何気ないひとことでヒロインの恋心をあおったり、その平凡さで主人公を引き立てたり――ラブコメでは名もなき人物が地味に活躍するもの。そんな「モブキャラ」にスポットを当てた漫画が、Twitterで好評を博しています。


アイキャッチ 縁の下の力持ちに徹するつもりが……あれっ

 物語は目の代わりに「モブ」と描かれた男「モブ田モブ男」のモノローグで始まります。彼は正真正銘のモブでありつつ、その役割を自覚しているメタな存在。台本に従って、ヒロインの「広井」に「最近あいつ(主人公)と仲良いよなー、実は好きなんだったりして!」などと声をかけます。あっこれ、ヒロインが否定しながらも主人公を意識し始めるパターンのやつかな?


1P

 ……とおもいきや、広井は「私が好きなのはモブ田くんだけだよ……!」と、赤面しながら告白してきました。台本とまるで違う展開に戸惑い、モブ田は逃げ出してしまいます。


2P

 彼は慌てるあまり、広井のライバルキャラ「雷場(らいば)」にぶつかってしまいました。彼女は誇り高く、普通の漫画ならばモブを相手にしなさそうな美人です。ところが、そんな彼女すら「私と付き合ってくれたら許してあげる」と言い寄ってきて、モブ田は大混乱。頼れる相手が主人公の「攻木(せめき)」しかいなくなり、一部始終を打ち明けます。


3P

 すると攻木まで、「モブ男は俺のモノだ。誰にも渡さねぇ」と告白。迫って壁ドンを決め込んできました。かくして、何の理由もなく主要キャラ全員に好かれてしまったモブ田は、3人からひたすら逃げ続けるのでした。うらやましくも思えるシチュエーションですが、理由なしにモテるのも怖いかもしれませんね……。


4P

 漫画には「まさかの展開」「モブが勝ち組な世界、いい」などと好評。その一方で、「モブとはなんぞや」「最初にモノローグで名乗れている時点でモブじゃないのでは」など、困惑する声も散見されます。なお、モブ田にほれた3人では攻木が人気のようで、作者のくろたま(@krtmgpl)さんが設けたアンケートでもダントツの1位でした。


作品提供:くろたま(@krtmgpl)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む