レビュー
» 2019年07月10日 10時35分 公開

東村アキコ原作「偽装不倫」杏×宮沢氷魚で今夜スタート 「結婚にとりつかれた寂しいアラサー女性」の類型を超えて行けるか(1/2 ページ)

原作は「東京タラレバ娘」「海月姫」の東村アキコ。

[むらたえりか, イラスト:たけだあや,ねとらぼ]

 杏主演のドラマ「偽装不倫」(日本テレビ系)が、7月10日(水)よる10時からスタートする。原作は、「東京タラレバ娘」(日本テレビ系)や「海月姫」(フジテレビ系)の東村アキコによる同名漫画で、現在LINEマンガで連載中だ。


偽装不倫 主人公は「おひとり様」に慣れきった鐘子(杏) イラスト/たけだあや

 主人公・鐘子(しょうこ)は、婚活に疲れた30歳の派遣社員。ひとりラーメン、ひとりカラオケ、ひとり焼肉、ひとり旅行もできてしまうほど、「おひとり様」の自分に慣れ切っている。

 派遣先との契約期間が終わったタイミングで出掛けたひとり韓国旅行で、鐘子はジョバンヒという韓国人男性と出会う。落とした指輪を拾ってくれたジョバンヒに、鐘子は思わず指輪は「左」につける、つまり既婚者であるとウソを吐いてしまう。

 こうして、鐘子とジョバンヒの「偽装不倫」がはじまっていく。


偽装不倫 相関図で予想しておこう イラスト/たけだあや

鐘子は「さみしいアラサー独身女性」のステレオタイプなのか

 「昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜」(フジテレビ系)、「あなたのことはそれほど」、「あなたには帰る家がある」(ともにTBS系)、「黒い十人の女」(日本テレビ系)など、不倫を題材にした面白いドラマは数多く挙げられる。わざわざ偽装にしたからどうなのだろうと思って漫画『偽装不倫』を読んだ。これがひきこまれる。

 「婚活3年がんばってみたけど もうやめたい」

 「私はいらないかな 指輪も 秘密の恋も」

 物語は、鐘子のモノローグから始まる。姉の葉子は、良い大学を出て商社マンの夫・賢治を捕まえたキャリアウーマン。対して、鐘子は30代の派遣社員、恋もキャリアも諦めている。葉子に「本腰入れて婚活しなさいよ!」と尻を叩かれるが、どうしてもやる気になれない。

 結婚できない自分を気にしすぎる女性が主人公だと、つい「ステレオタイプだなあ」と思ってしまう。いまの30代女性は、みんながみんな、そこまで結婚のことばかり考えているわけではない。それに、恋人がいないからといって毎日焦っているわけでもないからだ。

 しかし、ジョバンヒと出会って顔を赤らめ、彼で頭がいっぱいになったり、偽装した不倫に悩み続けたりする鐘子を見てハッとした。

 確かに、結婚できない・しない女性は結婚のことばかり考えている、という描写はステレオタイプだ。だけど、周りに指摘されたり、自分の加齢に気づいたり、結婚や妊娠関連のニュースを見たりする中で、我々はやはりうっすらと「結婚」について思いをめぐらせたり、わざと考えないようにしたり、悩んだりしている。

 そして、その遠くにある薄い霧のように視界をさえぎる悩みや不安を取り払ってくれるのが、恋やときめき、他の悩みなどの「没頭できる何か」なのだろう。鐘子にとってそれは、ジョバンヒでありウソをつくことだった。没頭しているときの鐘子は、どこかイキイキとしはじめている。

 自分を「既婚者」だと偽ってその「役」になってみることで、鐘子は自分にかかった霧のようにうっすらとした悩みや不安をよけ、本当にほしいものに気がついていく。

舞台は韓国から福岡へ。仲間由紀恵、谷原章介ら絶妙キャストにも期待

 ドラマでは、主人公の鐘子をが演じる。原作には、「私はお姉ちゃんと違って 気楽で寂しい独身なの!」、「私は絶望的に男にモテない!!」という、東村アキコ作品らしいものの、実写で聞いたらちょっとしらける不安を感じる台詞もある。しかし、「デート〜恋とはどんなものかしら〜」(フジテレビ系)で、融通が利かなさすぎる不器用な女性をコミカルに演じ切っていた杏なら、鐘子もチャーミングに表現してくれるに違いない。


偽装不倫 東村アキコの漫画原作1巻。「婚活3年がんばってみたけど もうやめたい」……引き込まれます

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」