ニュース
» 2019年07月10日 12時15分 公開

河出書房新社「文藝」が17年ぶり重版 「韓国・フェミニズム・日本」特集で完売続出

特集の単行本化も決定。

[ねとらぼ]

 河出書房新社は7月10日、文芸誌「文藝」2019年秋季号の緊急重版を決定したと発表しました。「文藝」が重版するのは17年ぶり。

 「文藝」は1933年に創刊。前号(2019年夏季号)をもって約20年ぶりにリニューアルし、リニューアル後2号目として7月5日に「韓国・フェミニズム・日本」特集号を発売しました。発売前から特集内容や編成が話題になり、初日から売り切れる書店も。また刊行後はSNSを中心に口コミが広がり、完売店が続出していました。発売5日目には大手書店チェーン紀伊國屋書店の全国消化率が76%を超えていることもあり、重版を決定したといいます。

文藝 緊急重版が決定した「文藝」2019年秋季号

 重版分は7月19日以降順次書店に到着予定です。また反響を受け、今回の特集テーマをさらに深めて単行本化し、11月に刊行することを決定。韓国の出版社との合同企画も進行中といいます。

 韓国文学とフェミニズムを巡っては、『82年生まれ、キム・ジヨン』が韓国でベストセラーになり、邦訳版も大きな話題になっています。「文藝」2019年夏季号では、『キム・ジヨン』の訳者である斎藤真理子さんと翻訳家の鴻巣友季子さんの対談をはじめ、『キム・ジヨン』の著者チョ・ナムジュさん、直木賞作家の西加奈子さんなど、日韓作家10人の短編競作などが掲載されています。

文藝 「文藝」収録内容(河出書房新社のサイトより)

「文藝」坂上陽子編集長コメント

 「文藝」は今年4月発売の夏季号よりコンセプトとデザインを一新、約20年ぶりの大幅リニューアルが好評を博しました。そのリニューアル号を上回る今回の反響に、編集部は非常に驚きながらも、現代における文芸誌の役割に大きな手応えを感じています。今後も最高に面白い世界/日本文学シーンの最前線を発信していきます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.