ニュース
» 2019年07月10日 14時42分 公開

セブン-イレブン、7月11日に沖縄県で14店舗を同時オープン 47都道府県への進出完了

セブン-イレブンが7月11日に沖縄県で店舗を出店します。

[ねとらぼ]

 セブン-イレブン・沖縄は、沖縄県内で14店舗を7月11日午前7時、同時にオープンします。セブン-イレブンは全国47都道府県への進出を果たし、沖縄県内では2024年7月末までに約250店舗の出店を計画しています。

フォト 省力化設備を導入するほか、一部店舗にはシーサーが(ニュースリリースより)
フォト 7月11日に同時オープンする店舗

 那覇市内に7店舗、糸満市内に3店舗、豊見城市内に2店舗、北谷町1店舗、八重瀬町内に1店舗──の合計14店舗。浦添市とうるま市に新設した専用工場を中心に製造体制を整え、オリジナル商品の開発も進めるとのことです。

 一部店舗では、入口の風除室に「シーサー」を設置するなど、沖縄独自の店舗作りも進めます。また、セブン-イレブンで初めて全店舗のレジに自動釣り銭機を導入。オープンケースの棚を全てスライド化するなど、省人化設備を取り入れることで合計約4時間分の作業時間を削減しているとのことです。

 セブン-イレブンは6月末時点で46都道府県に2万973店を展開。沖縄県は最後の未出店地域でしたが、今回の出店で全都道府県への展開を完了します。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.