ニュース
» 2019年07月10日 16時09分 公開

Twitterが「宗教を理由としたヘイト発言」を禁止 違反ツイートは削除の方針

アカウント停止の可能性も。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 Twitterは7月9日(米国時間)、ヘイト行為に対する同社のルールを改定し、信仰している宗教を理由に他人の“人間性を奪う(dehumanizing language)”発言を禁止すると発表しました。違反が確認された場合はツイートを削除するとしています。

 なお、ルール改定前に投稿されたツイートも削除対象とはなるものの、アカウント停止の直接の理由にはならないとしています。

Twitterサイトの画面 信仰している宗教を理由に他人の“人間性を奪う”発言を禁止すると発表(Twitter公式ブログより)

 削除対象となるツイート例として、以下を例示しています

  • ネズミは駆除するべきだ。【宗教名】は実に不愉快だ。
  • 【宗教名】はウイルスだ。彼らがこの国を病気にしている。
  • 【宗教名】は処罰されるべきだ。私たちは、あの汚らわしい動物を除去するために十分なことをしていない。
  • 私たちはこの国に【宗教名】が増えることを望みません。ウジ虫はもうたくさんだ。
Twitterサイトの画面 禁止発言の例(Twitter公式ブログより)

 Twitterは2018年、ヘイト行為を禁止する同社のルールに“人間性を奪う言葉”を追加することについて、世界中のユーザーから意見を募りました。2週間で30カ国・8000件以上の回答が寄せられ、ルールの明確化を求める声や、一貫性のある運用を求める声が寄せられました。

 ユーザーや外部有識者の意見を元にルールを改正、また一貫性のある運用を行うため社内教育の改善に取り組みました。同社は、それでも対応できていない分野があると認識しています。例えば、個別のツイートを取り上げるとヘイト表現に見えても、会話全体の流れでみると、そうでもない場合があり、これにどう対処していくかは、今後の課題であるとしています。

Twitterが禁止しているヘイト行為

 人種、民族、出身地、信仰している宗教、性的指向、性別、性同一性、年齢、障害、深刻な疾患を理由とした他者への暴力行為、直接的な攻撃行為、脅迫行為を助長する投稿を禁じます。また、このような属性を理由とした他者への攻撃を扇動することを主な目的として、アカウントを利用することも禁じます。

高橋ホイコ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」