コラム
» 2019年07月14日 12時00分 公開

ディズニーランドを貸し切りにするのが異常に難しい「お金以外」の理由【漫画版】 (1/3)

ぐぬぬ……。

[ねとらぼ]

 梅雨入りして、ジメジメとした季節になりました。雨が降る窓の外を見ていると、外出する気力も起きなくなり、気分もふさぎがちに。「こんなときこそ、パーっと遊びたい! テーマーパークで叫びたい!」なんて思ってしまうものですよね。

 でも、これは夢物語ではありません。というのも、東京ディズニーリゾートやユニバーサル・スタジオ・ジャパンなどには貸し切りプランがあります。

 ただし、実現するためには“お金以外”の理由で、非常に難易度が高いのです。



東京ディズニーリゾートを貸し切るには?

 夢の国を貸し切るには、いったいいくらかかるのでしょう? とてつもない金額を要求されるのかと思いきや、プライベート・イブニング・パーティというプログラムで、意外にも一人あたり6700円で閉園後のパークを貸し切れるというのです! 1デーパスポート(大人7400円)より安い!

 ただし、恋人と2人きりで、というわけにはいきません。東京ディズニーリゾートに問い合わせてみると、例えばランド全体を貸し切るには、およそ8000人以上でなければいけないとのこと。つまり合計すると5360万円でランド全体を貸し切る形になります。

※貸し切り時間は19時30分〜22時30分で、基本的に閑散期(1月・2月)のみ



       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.