レビュー
» 2019年07月11日 11時00分 公開

深田恭子「ルパンの娘」は大博打に打って出たか? 実写化を期待され続けた原作の改変ポイントを考察してみた(2/2 ページ)

[寺西ジャジューカ, イラスト:まつもとりえこ,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

主役以上に脇役のキャラが濃い

 「ルパンの娘」は主役2人よりも脇役の方がキャラが濃い。原作小説で筆者が最も好きな登場人物は和馬の妹の新谷香(さとうほなみ)だ。当初は「あの子はちょっとヤバイかも」と華を認めなかったものの次第に心を許し、いつしか理解者になってくれた頼もしい味方。名字が変わっているので、ドラマ版の香は原作とは違い結婚しているようだ。

 そして、読者の中でおそらく最も人気を集めているのは華の兄の渉(栗原類)である。序盤、彼の存在感は薄い。しかし、ここぞの場面で妹思いの性分を発揮し、素晴らしい活躍を見せるから待っていてほしい。小説版のMVPは渉だった。他にも、華の父・尊を演じる渡部篤郎や和馬の祖父・和一を演じる藤岡弘、など、このドラマは脇を固める役者がなにげにいい。

 充実の原作、そして充実の演者をそろえた「ルパンの娘」。大コケor大化けの大博打ラブコメディが本日よりスタートする。

寺西ジャジューカ

ライターFacebook

まつもとりえこ

イラストレーター&ライター

Twitter

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10