レビュー
» 2019年07月11日 11時00分 公開

深田恭子「ルパンの娘」は大博打に打って出たか? 実写化を期待され続けた原作の改変ポイントを考察してみた (2/2)

[寺西ジャジューカ, イラスト:まつもとりえこ,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

主役以上に脇役のキャラが濃い

 「ルパンの娘」は主役2人よりも脇役の方がキャラが濃い。原作小説で筆者が最も好きな登場人物は和馬の妹の新谷香(さとうほなみ)だ。当初は「あの子はちょっとヤバイかも」と華を認めなかったものの次第に心を許し、いつしか理解者になってくれた頼もしい味方。名字が変わっているので、ドラマ版の香は原作とは違い結婚しているようだ。

 そして、読者の中でおそらく最も人気を集めているのは華の兄の渉(栗原類)である。序盤、彼の存在感は薄い。しかし、ここぞの場面で妹思いの性分を発揮し、素晴らしい活躍を見せるから待っていてほしい。小説版のMVPは渉だった。他にも、華の父・尊を演じる渡部篤郎や和馬の祖父・和一を演じる藤岡弘、など、このドラマは脇を固める役者がなにげにいい。

 充実の原作、そして充実の演者をそろえた「ルパンの娘」。大コケor大化けの大博打ラブコメディが本日よりスタートする。

寺西ジャジューカ

ライターFacebook

まつもとりえこ

イラストレーター&ライター

Twitter

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」