ニュース
» 2019年07月11日 11時47分 公開

オイオイオイ俺たち消えたわ 『グラップラー刃牙』第1話を作者自ら28年ぶりリメイク → “あの名シーン”はどう変わった?

「ほう炭酸抜きコーラですか…たいしたものですね」の人が……。

[ねとらぼ]

 7月11日発売の週刊少年チャンピオン32号で、同誌を代表する人気漫画『グラップラー刃牙』の第1話を、板垣恵介さん本人が28年ぶりにセルフリメイクしています。『グラップラー刃牙』第1話といえば、「オイオイオイ」「死ぬわアイツ」「ほう炭酸抜きコーラですか…たいしたものですね」という一連のやりとりが有名ですが、あのシーンは果たしてどうなったのか……?


グラップラー刃牙 週刊少年チャンピオン32号

 週刊少年チャンピオン創刊50周年を記念した特別企画で、現在シリーズ最新作『バキ道』を連載中の、板垣さんへの3ページにわたるインタビューも同時掲載。セルフリメイクにかける思いや、当時どのようにして「第1話」が描かれたかなど、貴重なコメントも掲載されています。

 新たに描き起こされた「第1話」は、大筋ではオリジナル版を下敷きにしつつ、絵柄や作風、細部の展開などはかなり変わっており、ほぼ新作ともいえる内容に。神心会空手の大会決勝直前、主人公・範馬刃牙と神心会館長・愚地独歩の接触までを描いており、最後のページではさらに次号へと続くことが明かされています。


グラップラー刃牙 創刊50周年記念で企画されたもの

 また、ファンとしては気になるのが、「オイオイオイ」「死ぬわアイツ」の2人組の行方ですが、セルフリメイク版では愚地館長とポジションを交代。謎のモブキャラに代わって、愚地館長が刃牙の食事について解説するという流れになっており、一部のファンからは「あの2人組(+メガネの人)が消えた……」と残念がる声もあがっていました。


グラップラー刃牙グラップラー刃牙 オリジナル版(左/第1話20ページ)と、セルフリメイク版(右)

グラップラー刃牙 3ページにわたるインタビューも掲載

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/23/news015.jpg オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  2. /nl/articles/2011/23/news035.jpg 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  3. /nl/articles/2011/17/news169.jpg Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  4. /nl/articles/2011/23/news016.jpg 動いて……ない!? 棒人間たちが進んでいるように見える錯視GIF「スーパー錯視ブラザーズ」がすごい
  5. /nl/articles/1501/30/news156.jpg 野球ファンなら知っている ネットでよく見る「33-4」「なんでや!阪神関係ないやろ!」のやりとりって何なの?
  6. /nl/articles/2011/22/news016.jpg 「お母さんあれ誰?」 6歳息子が家の壁を指さし呼び続ける“何か”を描いた漫画、その正体が見事過ぎるオチ
  7. /nl/articles/2011/22/news017.jpg アプリ「一人用クトゥルフ神話TRPG」が“SAN値回復するタイプの狂気” 「名状し難い顔(=いらすとや)」「ダイス判定で転売ヤーが爆死」
  8. /nl/articles/2011/20/news116.jpg 間違いなくいい夫婦! おのののか、夫・塩浦慎理選手とリラックスしたラブラブショットでまさかの表情
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2011/23/news007.jpg がっかりクリスマスプレゼントと思いきや―― 落胆から一転、キラッキラな笑顔を見せてくれためいっ子の漫画に心がほっこり温まる