コラム
» 2019年07月16日 12時00分 公開

Suicaはなぜ「充電なし」でいつまでも使えるのか?【漫画版】 (1/3)

サイズ的に電池入ってなさそうだけど。

[ねとらぼ]

 日頃電車やバスに乗る際、ピピッと使う交通系ICカード。クレジットカードなどと同じ寸法で作られており、縦は54.0ミリ、横は85.7ミリ、厚さ0.76ミリ……厚みは1ミリもありません。

 ICチップが埋め込まれているわけですから、電子機器なのですが、電池の入りそうなスペースはありません。でも、「Suicaを充電した」というような話も聞きません。

 かざすだけで使える電子機器、果たしてどういう仕組みなのでしょうか。



電気は改札から供給される

 答えから書くと、Suicaは改札のタッチ部分から電気をもらって動いています。

 しかし、電気が直接飛んできているわけではありません。タッチ部分は「磁気」を出しているのです(この磁気、有効範囲は半径10センチほどとのこと。タッチが有効な範囲に磁界がある、と考えていいでしょう)。

 カードはこの磁気から電気を生み出しているのです。それも、学校で習った仕組みを使って。



       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.