ニュース
» 2019年07月12日 22時43分 公開

パロディネタ全開のとんでもねえヤギゲー「Goat of Duty」登場 武装ヤギがバンバン撃ち合うデスマッチ

なぜ人類はヤギを暴れさせてしまうのか。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「ヤギが暴れ回るバカゲー」の意味で「Goat Simulator」(関連記事)に比肩しうるヤギゲー、「Goat of Duty」がSteamに登場しました。価格は680円(7月18日まで578円)。名作「Call Of Duty」を分かりやすくもじったタイトルが示すように、内容は武装化したヤギがバンバン撃ち合うシューティングです。

ローンチトレーラー。流血などけっこう刺激の強い表現があるので、苦手なかたはご注意ください

GOAT 「元ネタと同じFPS(一人称視点のシューティング)」と表現したいところだが、画面下にヤギの首が突き出ているので「誰の視点だよ」ってなる

GOAT ヤギがすさまじい跳躍力で跳ね回りながら撃ち合う

GOAT

GOAT 戦うのがヤギだからといってほのぼのした内容ではなく、けっこうえげつない

 同作は2〜10人が参加できる、ハイテンポなオンライン対戦ゲーム。公式もそれ以上は細かく説明せず、「これがあなたの知る必要のあるほとんど全てです」と言うほどにシンプルです。

 そのなかでアピールされているのが、「ばかばかしいユーモア」や「ヤギの(異様に跳ぶ)力学」、そして「クレイジーなヤギの衣装(スキン)」。スクリーンショットに「FALLGOAT」という、「Fallout」の主人公にそっくりなデザインのスキンがあって、なるほど、ばかばかしいユーモアとはそういうことかと気付かされます。……怒られないのかな。


GOAT 戦績を積むと、新たなスキンが解放

GOAT スキン選択画面には、「クライシス」など他のFPSを連想させるアイコンも。コンプリートしたら豪華なことになりそう

 販売は「アーリーアクセス」形式をとっており、現時点では4種類のゲームモード、6種類のマップ、7種類の武器、25種以上のスキンを使ってプレイ可能。これらは完全版での拡充を予定しており、完成は3〜4カ月後が目標とのことです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2010/24/news035.jpg 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  2. /nl/articles/2010/24/news016.jpg 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. /nl/articles/2010/24/news004.jpg 「うちの子に何するニャ!(怒)」 子猫を守ろうと、父猫にパンチをくらわせる母猫がたのもしい
  4. /nl/articles/2010/23/news160.jpg 「こんな禰豆子は嫌だ」 マンウィズ、満を持して『鬼滅の刃』コスプレ披露 人間の流行にちゃっかり乗ってしまう
  5. /nl/articles/2010/23/news015.jpg 子猫「えいっ、やあっ!(コテッ)」 ぬいぐるみに戦いをいどむ子猫がずっと見ていたくなるかわいさ
  6. /nl/articles/2010/23/news131.jpg 「たまたまそこに居合わせただけ」で死にかけた不運な男 接触事故を起こしたクルマが横転、背後から転がり迫ってくるシーンを捉えた映像が怖すぎる
  7. /nl/articles/2010/23/news021.jpg 「嫌よ!」「個人情報じゃない!」って言わないで なぜ薬局で保険証提示が必要なのかを説明する漫画が分かりやすい
  8. /nl/articles/2010/23/news092.jpg 1年間ケアし続けた“爪”のビフォーアフターが衝撃 「爪の形って変わるの!?」「私もがんばろ」
  9. /nl/articles/2010/24/news008.jpg 猫「はさむのやめろニャ(怒)」 兄猫に顔をホールドされる妹猫の表情がおもしろい
  10. /nl/articles/2010/23/news102.jpg キバvsキング 「ルパンの娘」瀬戸康史&新納慎也の対決実現に仮面ライダーファン歓喜 放送局を超えた猛プッシュに「公式でも言っちゃったよ」