ニュース
» 2019年07月13日 11時00分 公開

「青い富士山カレーパン」がメチャかわいい! 道の駅富士川にて1日限定10個を販売

7月13日〜15日のみ増量生産します。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 道の駅富士川で「青い富士山カレーパン」を販売します。2019年7月13日から始まる道の駅富士川5周年イベントに合わせて販売開始、イベントが終了した16日以降は1日10個の限定販売になります。

青い富士山カレーパン 青い富士山カレーパン

 「青い富士山カレーパン」の元となった「青い富士山カレー」は、2018年4月より山梨県立富士山世界遺産センター内にある富士山LAVACAFEで提供を開始しました。富士山を形どったご飯の山肌に、青色のカレールーを流しかけ、細かく刻んだピクルスで富士の樹海を、カリカリに揚げたフライドオニオンで溶岩を表現しています。見た目がまるで本物の富士山のようだと話題になりました。

青い富士山カレー 人気の青い富士山カレー

 この人気のカレーをカレーパン化。カレーを青くするだけではなく、周りのパンも青くし「青い富士山カレー」を再現。山頂の白い部分はココナッツフレークを使用しています。さらに青い富士山カレーの味わいにより近づけるために、パン生地に米粉を入れました。

青い富士山カレーパンのみの写真 山頂部はココナッツフレークはカレーとの相性抜群

 「青い富士山カレーパン」は、知的障害者・精神障害者の方のための障害福祉サービス事業所「社会福祉法人くにみ会 ゆあーずあんどゆうず」と富士山プロダクトが連携して開発しました。

 今後は、辛口の「赤い富士山カレー」のカレーパン化も進める予定だそうです。

道の駅富士川 道の駅富士川で販売

商品詳細

商品名:青い富士山カレーパン(R)

販売価格:450円(税込み)/個

販売開始日:2019年7月13日(土)

販売数:イベント終了後は限定10個/日(イベント開催中は生産を増量しますがなくなり次第終了)

賞味期限:製造より3日

販売箇所:道の駅富士川

高橋ホイコ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.