ニュース
» 2019年07月13日 13時04分 公開

映画館「シネマサンシャイン池袋」閉館 34年の歴史に幕

新しいシネコン「グランドシネマサンシャイン」が間もなくオープン。

[ねとらぼ]

 映画館「シネマサンシャイン池袋」(東京・池袋)が7月12日、約34年の歴史に幕を閉じました。SNSでは思い出を語る声が多く寄せられています。

シネマサンシャイン池袋 シネマサンシャイン池袋のWebサイトに閉館のあいさつ

 「色んな映画をここで観たので、たくさんの思い出があって感慨深いです」「むかしデートで5回ほどお世話になった」「シネマサンシャインで映画を観た後は、一階のゲーセンで遊ぶのが毎回のルーティーンでした」「子どもの頃の夏休みは毎年ここで、ドラえもんを観に列にならびました」など、Twitterでは多くの人が映画を見に来たときの思い出を語っています。

 7月19日にはシネマサンシャイン池袋から徒歩3分の場所に、新たなシネコン「グランドシネマサンシャイン」がオープンします。12スクリーン、2443席を備えた都内最大級のシネマコンプレックスで、大型スクリーン「IMAXレーザー/GTテクノロジー」や、4DX演出に3面スクリーンが融合した「4DX with ScreenX」を有します。

 運営元は「7月13日〜7月18日の期間、池袋地区でのシネマサンシャインの営業がなくお客様にはご不便をお掛けし申し訳ございません」と述べています

グランドシネマサンシャイン グランドシネマサンシャイン

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.