ニュース
» 2019年07月13日 18時28分 公開

インスタ映えスポットの湖、実は廃棄物の処分場 ロシアの電力会社が「泳がないで」と呼びかけ

鮮やかなブルーできれいなのですが……。

[ねとらぼ]

 「ノボシビルスクのモルディブ」と人気を博しているインスタ映えスポットをめぐり、ロシアの電力会社が、廃棄物処分場なので泳がないでほしいと注意を促しています。

きれいな湖ですが……(Siberian Generating CompanyのSNSから)

 問題となっているのはSiberian Generating Companyがノボシビルスクに設けた人工湖で、鮮やかなブルーの水がInstagramで人気に。湖を背景に撮影した写真がInstagramに多く投稿されています。

 同社はSNSで、人工湖は石炭灰の処分場だとし、有毒ではないが泳がないようにと注意喚起。強アルカリ性なので水が肌に触れるとアレルギー反応が起きる可能性があること、底がどろどろになっており落ちたら出るのが大変なことを理由として挙げています。

 同社は6月上旬に注意書きを掲載しましたが、その後も人工湖での撮影は続いたようで、最近複数のメディアが取り上げる事態に。同社は7月11日にもあらためて人工湖で泳がないよう呼びかける投稿を公開しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.