ニュース
» 2019年07月14日 18時30分 公開

おまとめ こぐまのケーキ屋さん:うしろにいるのは、だれでしょうか? こぐまのケーキ屋さん(54)「たかたかじゃー…ん?」

あれから練習してソフトクリームを上手に巻けるようになった店長です!

[カメントツ,ねとらぼ]

こぐまのケーキ屋さん

 漫画家のカメントツ先生(@computerozi)がTwitter上で連載中の「こぐまのケーキ屋さん」。今週は第266話〜第270話を振り返ります。


作者:カメントツ

こぐまのケーキ屋さん

1986年生まれ、愛知県出身。デザイナー、イラストレーターを経て2014年から漫画家としての活動を開始。現在は小学館「ゲッサン」で「スタッフがおいしくいただきました」連載中。ほか代表作に、「カメントツのルポ漫画地獄」(オモコロ)、「カメントツの漫画ならず道」(ゲッサン)など。

Twitter:@computerozi




「もんだいです!たかたかじゃーん」


こぐまのケーキ屋さん


「たかたかじゃーん…ちがいます」


こぐまのケーキ屋さん


「たかたかじゃー…ん?」


こぐまのケーキ屋さん


「そふとくりーむふたたび!」


こぐまのケーキ屋さん


「くにゃくにゃ」


こぐまのケーキ屋さん


店長のマイブームのおわり方

 前回の最後(第265話参照)から続く、こぐま店長の「たかたかじゃーん」ブーム。テレビのクイズ番組でドラムロールを聞いたのがきっかけで始まり、「ケーキをつくっているのはだれでしょう?」や、ケーキ当てクイズで「しょーとけーきのうえにいちごがのっています!」とバレバレのヒントを出したりして、とにかく店員さんに当ててもらってドラムロールで正解発表がしたい気持ちがわかりやすすぎてかわいいです。

 逆に店員さんがこぐま店長に「たかたかじゃーん」を仕掛ける場面では、後ろから“だーれだ”をやったことによって「もしかしてさんたさんですか…?」と店長に言われ、いつかのサンタがバレそうになってしまう……なんてことも(第44話参照)。



 そんな長く続いたブームですが、今度は店長が嬉しそうに“だーれだ”をやった結果、店員さんに似ている人に間違ってやってしまうという形で幕を閉じるのでした。恥ずかしくて赤くなる店長がかわいすぎた……!


こぐまのケーキ屋さん

 第269話「そふとくりーむふたたび!」は、初期の第6話「ちょうちょ」を思い出す声が多かったお話。苦手だったソフトクリームを巻く練習を昨年たくさんしたようで、その見事な成果を発揮しつつも、褒められて照れたことで最後にまた失敗してしまう姿がほほえましいです。



 上手くできるようになったソフトクリーム(と暑さ?)のおかげで、ケーキ屋さんは行列ができる人気に。疲れて休むこぐま店長に、片付けを終えた店員さんがひざ掛けをかけると、「てんいんさんのては…なんだか…いいにおいがしますねぇ…」と、はんぶん夢の中で話すこぐまさん。どんな匂いだったのかは想像するしかありませんが、優しくて幸せを感じるにおいだったのは間違いなさそうです。


こぐまのケーキ屋さん









Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた