ニュース
» 2019年07月14日 18時30分 公開

うしろにいるのは、だれでしょうか? こぐまのケーキ屋さん(54)「たかたかじゃー…ん?」おまとめ こぐまのケーキ屋さん

あれから練習してソフトクリームを上手に巻けるようになった店長です!

[カメントツ,ねとらぼ]

こぐまのケーキ屋さん

 漫画家のカメントツ先生(@computerozi)がTwitter上で連載中の「こぐまのケーキ屋さん」。今週は第266話〜第270話を振り返ります。


作者:カメントツ

こぐまのケーキ屋さん

1986年生まれ、愛知県出身。デザイナー、イラストレーターを経て2014年から漫画家としての活動を開始。現在は小学館「ゲッサン」で「スタッフがおいしくいただきました」連載中。ほか代表作に、「カメントツのルポ漫画地獄」(オモコロ)、「カメントツの漫画ならず道」(ゲッサン)など。

Twitter:@computerozi




「もんだいです!たかたかじゃーん」


こぐまのケーキ屋さん


「たかたかじゃーん…ちがいます」


こぐまのケーキ屋さん


「たかたかじゃー…ん?」


こぐまのケーキ屋さん


「そふとくりーむふたたび!」


こぐまのケーキ屋さん


「くにゃくにゃ」


こぐまのケーキ屋さん


店長のマイブームのおわり方

 前回の最後(第265話参照)から続く、こぐま店長の「たかたかじゃーん」ブーム。テレビのクイズ番組でドラムロールを聞いたのがきっかけで始まり、「ケーキをつくっているのはだれでしょう?」や、ケーキ当てクイズで「しょーとけーきのうえにいちごがのっています!」とバレバレのヒントを出したりして、とにかく店員さんに当ててもらってドラムロールで正解発表がしたい気持ちがわかりやすすぎてかわいいです。

 逆に店員さんがこぐま店長に「たかたかじゃーん」を仕掛ける場面では、後ろから“だーれだ”をやったことによって「もしかしてさんたさんですか…?」と店長に言われ、いつかのサンタがバレそうになってしまう……なんてことも(第44話参照)。



 そんな長く続いたブームですが、今度は店長が嬉しそうに“だーれだ”をやった結果、店員さんに似ている人に間違ってやってしまうという形で幕を閉じるのでした。恥ずかしくて赤くなる店長がかわいすぎた……!


こぐまのケーキ屋さん

 第269話「そふとくりーむふたたび!」は、初期の第6話「ちょうちょ」を思い出す声が多かったお話。苦手だったソフトクリームを巻く練習を昨年たくさんしたようで、その見事な成果を発揮しつつも、褒められて照れたことで最後にまた失敗してしまう姿がほほえましいです。



 上手くできるようになったソフトクリーム(と暑さ?)のおかげで、ケーキ屋さんは行列ができる人気に。疲れて休むこぐま店長に、片付けを終えた店員さんがひざ掛けをかけると、「てんいんさんのては…なんだか…いいにおいがしますねぇ…」と、はんぶん夢の中で話すこぐまさん。どんな匂いだったのかは想像するしかありませんが、優しくて幸せを感じるにおいだったのは間違いなさそうです。


こぐまのケーキ屋さん









Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む