ニュース
» 2019年07月14日 09時00分 公開

嫌なことがあっても「家に帰ればドラゴンボール読めるしな」 “ジャンプ30年分が家にある人”に、大好きな作品と同棲する幸せを聞いた

業務用の「ゲームロボ」や筋斗雲のキディライドまで持ってる……!

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ホールの生ハムやラクレットチーズなど、特別なアイテムが家にあると嫌な気分を吹き飛ばせる――。近ごろTwitterで流行している大喜利(関連記事)のなかで、過去30年分の『週刊少年ジャンプ』を所蔵する、『ドラゴンボール』ファンのペキンさん(@pekindaq)が注目を集めています。大好きな作品をいつでも初出時の状態で読めるとは、とても幸せそう。そこで詳しい話を聞いてみました。



本棚 本棚が資料館の領域

本棚 背表紙の変遷を眺めるだけでも楽しそう

 ペキンさんはファンサイト「戦えドラゴンボーラー!」の管理人。「戦えドラゴンボーラーズBLOG」でさまざまなグッズを紹介しているコレクターでもあります。ジャンプのバックナンバーは、一度は手放してしまったものの、2012年の引っ越しをきっかけに再度収集を開始。そこから数年かけて、ドラゴンボール連載開始(1984年51号)以降の号をコンプリートしたそうです。

 当初は同作の掲載号だけをそろえるつもりでしたが、その後もバックナンバーの入手機会があり、現在は1984年49号から最新号まで、約1700冊が6畳1間へ収まることに。来客が本棚を見たとき、「本棚のどこかで『懐かしい!』と言ってくれるので、並べて良かった」と、ペキンさんは語りました。

 この本棚はTwitterで「もはや重要文化財級」と賞されましたが、ほかのコレクションも相当に貴重なもの。ゲームセンターで実際に稼働していた業務用機器や遊具まで収集しており、特に鳥山明先生デザインの「ゲームロボ」や、筋斗雲型のキディライド、「てれびでんわ」がお気に入りだそうです。


ゲームロボ ゲームロボはコレクションで最大となる一品。

てれびでんわ 公衆電話風のインターフェースで、キャラクターとのやりとりやストーリーが楽しめる「てれびでんわ」

キッズライド いわゆる「コインを入れるとぐいんぐいん動くやつ」

しっかり動くキッズライド。遊び終わるとカプセルトイが出てくる

 コレクションの数々は、ジャンプ部屋の隣に展示。ゲーム類はいつでも遊べるよう、メンテナンスを怠らず管理しているそうです。こうしてドラゴンボール博物館さながらとなった部屋は、親戚の子にもおおむね好評とのことで、子どもたちの嬉々として遊ぶ様子が目に浮かびます。


展示室 展示室にはドラゴンボールのガシャポンやカードダスも

画像提供:ペキンさん(@pekindaq




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」