ニュース
» 2019年07月15日 13時00分 公開

漫画「20年ぶりに親父に会ったら難病だった話」 寝たきりになり筋力を失った父は最期に何を思ったか(1/5 ページ)

家族とは何か、あらためて考えさせられる。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 久方ぶりに会った生き別れの父は、筋萎縮性側索硬化症(ALS)にかかっていた――。はまだやま(@hama8105)さんが実体験をもとに描いた、指定難病に苦しむ父と向き合う漫画「20年ぶりに親父に会ったら難病だった話」が、「家族について考えさせられる」「父に会いたくなった」と話題です。

アイキャッチ 20年ぶりに父の行方が発覚
アイキャッチ ALSは手足などの随意筋を自由に動かせなくなる難病。舌やのどにも影響するためコミュニケーションも不自由になり、症状が進むと呼吸にも支障をきたす(参考:ALS疾患啓発委員会のサイト


 主人公のまさきは、幼少期に両親が離婚したとき、どちらについていくか自分ではっきり決められないまま、妹のゆみことともに母親と暮らすことになりました。その後は親元を離れ、貧困と統合失調症に苦しみながら漫画を描き続けています。


ダイジェスト

 そんなある日、母親から「父さんが見つかった」と連絡が。父親は離婚した20年前、会社経営に失敗して行方をくらませていたのです。それがALSにかかって寝たきりになり、病院から連絡があったことから、見舞いのために家族が久しぶりに集まることになりました。


ダイジェスト

 父親は手足こそ不自由ながら、会話は十分こなせる状態。そのうちに一度顔を見たかったことと、今後の処置を受ける際に身元引受人が必要だったことから、家族を呼んだのでした。


ダイジェスト

 しかし、これまでさんざん苦労させられてきた母親は、「私たちの縁は20年前に切れている」と拒絶。まさきは「そんな簡単に突き放してしまえるのか僕は……」と悩んだ末、父が処置を受ける際の窓口として手を挙げます。離婚のとき、何も意思を示せなかったことを挽回したかったのかもしれません。


ダイジェスト

ダイジェスト

 以来、まさきは3カ月に1回程度のペースで見舞いをするようになりました。父親は饒舌に喋り続けていて、心持ちは元気な様子です。しかし、いずれ自発的な呼吸に限界が来るため、人工呼吸器を付けるかどうかを本人に判断してもらう必要があると、医師は説明。それは延命にはなりますが、代わりに父から声を奪う処置でもあります。


ダイジェスト

 「息子さんからも助言を」と言われ、まさきは大いに悩むことに。全身が動かず、意思の疎通もできないまま生きながらえるのは、最も孤独で過酷な人生ではないか――そう考えた彼は本人の意向もあって、自発呼吸を続ける方針を固めました。


ダイジェスト

 その一方で、まさきにも孤独に拍車がかかるような、悲しい出来事が起こりました。母親がゆみこの結婚を報告しながら、まさきの病気が先方に知られて破談になる可能性を恐れ、明確に距離を置きたいと言ってきたのです。まさきは何も言い返さず、ただ「おめでとう」の伝言だけを頼みました。


ダイジェスト

 そんなとき、見舞い先ではさらにつらい出来事が。父親が併発していた肺炎の悪化に耐えられず、一度は拒否した人工呼吸器を付けていたのです。バルブをふさげば、かろうじて小声でしゃべれる状態。それでもゆみこの結婚を聞いて感涙する様子を見ると、まさきは自分の状況までは話せなくなってしまうのでした。


ダイジェスト

ダイジェスト

 そして冬が来て、とうとうまさきは父親とのつながりまで断たれてしまいます。父親は弟(まさきの叔父)が見つかったことで専門設備の整った病院へ移れるようになり、まさきにこれ以上迷惑をかけたくないからと、行き先を秘して転院していたのです。


ダイジェスト

 そして父とは音信不通のまま、5年の歳月が流れました。母親や妹とも関わらず、まさきは執筆を心の支えに暮らしています。そんなとき、唐突な悲報を受けて、彼はなりふり構わず走り出すのでした。まさきとその物語がどこに行き着くのかは、以下に掲載する全編で見てください。きっと、家族について人生について、深い感慨が湧くことでしょう。


ダイジェスト

ダイジェスト

「20年ぶりに親父に会ったら難病だった話」全ページ掲載

第1回


第1回

第1回

第1回

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  3. /nl/articles/2201/26/news014.jpg 飼い主がストーブ前に座ると、黒柴三兄弟がのってきて…… 団子状態で暖をとる子犬に「鼻血でるほど可愛い」
  4. /nl/articles/2201/26/news103.jpg 超笑顔だ! 笑わない男・ラグビー稲垣啓太とモデル・新井貴子が結婚、初夫婦でデレデレの笑み
  5. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  6. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  7. /nl/articles/2201/26/news043.jpg なかやまきんに君、「お願いマッスル」カバーMVで“自慢の肉体美”を披露 本家は2億4000万回再生超え
  8. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  9. /nl/articles/2201/26/news019.jpg 子猫「肉球ぜんぶ見せたげよっかな?」 かわいい肉球をもったいぶる子猫に全力で「見せて!」とお願いしたい
  10. /nl/articles/2201/26/news156.jpg 架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」