ニュース
» 2019年07月15日 10時00分 公開

「いつの間にかこの世界で一番大切なものになっていました」――大事なことに気付かせてくれるおっさん漫画家と3本足ワンコの物語(1/3 ページ)

待望の単行本化です。

[k村,ねとらぼ]

 「これから、ぼくの友達の話をします。人間ではないけど最高な奴なんです」――おっさん漫画家の小田原ドラゴンさんが、ミニチュアピンシャー「ちょんぴー」ちゃんとの日常をつづるエッセイマンガ「ぼくと三本足のちょんぴー」。やわらかスピリッツで連載中の本作が、待望の単行本化。コミックス第1巻が7月12日に発売されました。


ぼくと三本足のちょんぴー ちょんぴーちゃんの元気さにおっさんタジタジ!

 ねとらぼでは単行本発売を記念し、「ぼくと三本足のちょんぴー」の傑作選を掲載します。小田原さんとちょんぴーちゃんが繰り広げる、クスリと笑えてホロリと泣ける、1人と1匹のにぎやかな毎日をごらんください。

ミニチュアピンシャーの子犬を探す


ぼくと三本足のちょんぴー

 静かなところへの引っ越しをきっかけに、犬を飼うことにした小田原さん。犬種をミニチュアピンシャーに決め、ペットショップのサイトで探しているとちょんぴーちゃんの写真をみつけます。なにかを感じたのか、次の日にはそのペットショップへと向かい即決でお迎えすることに。「18万4千円の値札が付けられたこの生き物が、世界で一番大切なものになるとは、この時は思ってもなかった」。ここから、ちょんぴーちゃんとのドタバタながらも楽しい生活が始まります。

犬を連れて帰る


ぼくと三本足のちょんぴー

めちゃくちゃ犬


ぼくと三本足のちょんぴー

犬の表情


ぼくと三本足のちょんぴー

 小さい頃から人の輪に入ることが苦手だったという小田原さん。漫画家になり1人で過ごす毎日にも慣れていましたが、ちょんぴーちゃんを迎えてからは生活に彩りが出てきます。漫画の仕事がぱったりなくなってしまったときも、「ちょんぴーの御飯代稼がないとなー」とモチベーションの原動力に。「ちょんぴー お前と一緒だとホッとするよ」と、癒やしの存在にもなってくれています。守るべき存在があると、人は強くなれるんだなぁ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」