ニュース
» 2019年07月15日 10時00分 公開

「いつの間にかこの世界で一番大切なものになっていました」――大事なことに気付かせてくれるおっさん漫画家と3本足ワンコの物語 (1/3)

待望の単行本化です。

[k村,ねとらぼ]

 「これから、ぼくの友達の話をします。人間ではないけど最高な奴なんです」――おっさん漫画家の小田原ドラゴンさんが、ミニチュアピンシャー「ちょんぴー」ちゃんとの日常をつづるエッセイマンガ「ぼくと三本足のちょんぴー」。やわらかスピリッツで連載中の本作が、待望の単行本化。コミックス第1巻が7月12日に発売されました。


ぼくと三本足のちょんぴー ちょんぴーちゃんの元気さにおっさんタジタジ!

 ねとらぼでは単行本発売を記念し、「ぼくと三本足のちょんぴー」の傑作選を掲載します。小田原さんとちょんぴーちゃんが繰り広げる、クスリと笑えてホロリと泣ける、1人と1匹のにぎやかな毎日をごらんください。

ミニチュアピンシャーの子犬を探す


ぼくと三本足のちょんぴー

 静かなところへの引っ越しをきっかけに、犬を飼うことにした小田原さん。犬種をミニチュアピンシャーに決め、ペットショップのサイトで探しているとちょんぴーちゃんの写真をみつけます。なにかを感じたのか、次の日にはそのペットショップへと向かい即決でお迎えすることに。「18万4千円の値札が付けられたこの生き物が、世界で一番大切なものになるとは、この時は思ってもなかった」。ここから、ちょんぴーちゃんとのドタバタながらも楽しい生活が始まります。

犬を連れて帰る


ぼくと三本足のちょんぴー

めちゃくちゃ犬


ぼくと三本足のちょんぴー

犬の表情


ぼくと三本足のちょんぴー

 小さい頃から人の輪に入ることが苦手だったという小田原さん。漫画家になり1人で過ごす毎日にも慣れていましたが、ちょんぴーちゃんを迎えてからは生活に彩りが出てきます。漫画の仕事がぱったりなくなってしまったときも、「ちょんぴーの御飯代稼がないとなー」とモチベーションの原動力に。「ちょんぴー お前と一緒だとホッとするよ」と、癒やしの存在にもなってくれています。守るべき存在があると、人は強くなれるんだなぁ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ