レビュー
» 2019年07月17日 11時24分 公開

「偽装不倫」宮沢氷魚・谷原章介の美しさを押し出しまくる1話 モテない女の自虐はアラサー女性の救いになるのか(2/2 ページ)

[むらたえりか, イラスト:たけだあや,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

男性陣と比べてかなり冴えない主人公・鐘子

 鐘子や葉子ら、女性陣の撮り方に比べて圧倒的に丈、賢治が美しいものとして扱われている。それは、ターゲット視聴者の女性が男性陣にときめくための演出。そして、第1話の時点では、特に鐘子がまだまだ「冴えない」存在だということとの対比となっている。

 男に話を合わせられない。

 モテファッションが似合わないから着られない。

 年より老けて見える。

 ――という3点を、鐘子は自分がモテない理由として掲げる。丈とキスやセックスをしようという夜に、口臭も気にせず日本酒を3本もあおってしまう様子を見ると、ただただデリカシーがない人というだけでは……という気もする。

 自分を変えられない。だから恋も結婚もできない。そう思い込んでいた鐘子だが、丈と一緒にいるためならば、自分は既婚者だというウソもつけてしまう。恋をしたら自分を偽れるようになった鐘子。それは、「恋をしている人は誰しもみんなウソつきなのでは」という問いを意味しているのだろうか。第2話では、賢治にウソをついて葉子が不倫をしていることが明らかになる。


偽装不倫 丈に恋をしたら、鐘子は自分を偽れるようになった イラスト/たけだあや

「鐘子のたんこぶ」は「鏡にうつった鐘子自身」に

 原作漫画では、鐘子の思い込みの激しさへのツッコミ役として、鐘子のたんこぶがキャラクター化されて登場する。ドラマでは、鐘子にツッコむのは鏡にうつった鐘子自身になっていた。

 例えば、本作と同じ衛藤凛が脚本を書いた「サバイバル・ウエディング」も、モテない・結婚できないで悩むアラサー女性・さやか(波瑠)が主人公だった。さやかにツッコミを入れるのは、ぶっ飛んだことを言い出す男・宇佐美(伊勢谷友介)。「常識外れの他者」がアドバイスをするから、一歩間違えば婚活女性への説教っぽくなってしまいそうな内容も、コメディーとして面白く見ることができた。

 しかし、「自分との対話」となるとどうだろう。恋や結婚に悩む女性向けの自己啓発書では、自分の本当の願望や理想、反省する点などを挙げていき、自己分析を迫るものがよくある。「私はおばさん」「モテない・結婚できない女」と自虐をして気まずさをやりすごしている女性たちに、また自分で自分を嘲笑させ、自省、自責させるのかと思うと少し気がめいらないでもない。

 美しい男性と、泥臭く残念な女性。この対比や「自分との対話」が、本当に今を生きる女性たちの力になるのかどうか、楽しみに見守っていきたい。

むらたえりか

宮城県出身のライター・編集者・ハロヲタ。 

Twitter

たけだあや

イラスト、粘土。京都府出身。

Twitter

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」