ニュース
» 2019年07月17日 13時45分 公開

私飛んでる! 一足先に新アトラクション「ソアリン:ファンタスティック・フライト」を体験してきた東京ディズニーシーからあこがれの空へ飛び立とう

ライドは横に11人が座れるもので、シートベルトを締め準備が整うと、スッと上空に浮かぶかのような体験が!

[宮田健(dpost.jp),ねとらぼ]

 東京ディズニーシーでは2019年7月23日、待望の新アトラクション「ソアリン:ファンタスティック・フライト」がオープンします。これは海外ディズニーパークで大変な人気を誇る「Soarin'」の東京ディズニーシー版で、もちろんここだけのオリジナルのシーンが含まれる、壮快感あふれるライドです。オープンに先駆け開催されたプレスプレビューで、そのフライトを一足先に体験してきました。

ソアリン メディテレーニアンハーバーの丘に新アトラクションが!

既に世界で大人気のアトラクション、「ソアリン」って?

 ソアリンというアトラクションは、もともと2001年2月にディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーでオープンしたアトラクションで、カリフォルニアの空をふわりと飛ぶという、体感型のシミュレーションライドでした。その後2016年には上海ディズニーランドにて世界を飛ぶ「ソアリン:アラウンド・ザ・ワールド」バージョンが登場。2019年に満を持して東京に上陸したという歴史があります。

 ライドは横に11人が座れるもので、シートベルトを締め準備が整うと、スッと上空に浮かぶかのような体験ができます。目の前には巨大なスクリーンがあり、視界が全て“空”になるのです。

ソアリン 今回の舞台はこのファンタスティック・フライト・ミュージアム。このドームが目印

ソアリン このシートに座ったら、ふわりと空の旅へ

 これだけを聞くと、たいしたことのないアトラクションに聞こえるかもしれません。しかし、その没入感は驚くほど。映像と完全にシンクロしたライドの動き、風、そして匂いによって、私たちが想像する「きっとハングライダに乗ったらこんな体験ができるのだろうなあ」を、実際に体感することができるアトラクションです。

 そして満を持して登場した東京ディズニーシー版は「ファンタスティック・フライト」と名がついているように、完全に日本オリジナルのアトラクションに仕上がっています。世界のパークのソアリンを体験した人でも、あっと驚く内容になっていましたよ!

その世界観の中へ——外観もエントランスも没入感あふれるつくり

 注目はやはり、その精巧なまでのつくりにあります。今回のアトラクションの舞台は“博物館”、ファンタスティック・フライト・ミュージアムです。メディテレーニアンハーバーの丘の上に作られた、空を飛ぶという人類の夢をたたえる特別な博物館で、ロビーやギャラリーに足を踏み入れ、そこに展示されているさまざまなものから、あなただけの物語を想像するところからスタートします。

ソアリン 館内に入るとすぐ、ファンタスティック・フライト・ミュージアムオープニングセレモニーの様子が

ソアリン 常設展の展示会場であるロタンダには、オベリスクとともに、歴史、生物学、考古学、技術に分けて展示がされています

 ライドはその博物館の屋外テラスに。このアトラクションのカギとなる人物、カメリア・ファルコが開発した「ドリーム・フライヤー」が展示されています。

ソアリン カメリア・ファルコはS.E.A.と呼ばれるグループの一員。隣にいるのは彼女が愛したハヤブサのアレッタです

 このライドに乗ると、一体どこに行けるのでしょうか。きっと皆さんが一度は行きたかった世界の名所を、実際には絶対に見られるはずのない“空”から体験ができるのです。

 「タワー・オブ・テラー」のようなスリルライドとは異なり、お子さまから大人まで、幅広い世代が楽しめる内容(102センチ未満の方は利用できません)。アメリカのディズニーテーマパークではオープンから18年もたっているにもかかわらず、現在でも長蛇の列で、何度乗っても感動するライドが、東京ディズニーリゾートにもやってきたことはとってもうれしいですね。

ソアリン ソアリン:ファンタスティック・フライトをイメージしたファンタスティック・フライト・チュロス(パイナップル)は1本400円、7月19日から販売開始です

ソアリン ファンタスティック・フライト・ドリンク(ライチータピオカ)にはミッキーの雄姿も(450円)。こちらも7月19日から販売です

ソアリン アトラクションを体験したら持ち歩きたい、新しいポップコーンバケットも登場(2000円)。7月17日から販売されます

ソアリン 東京ディズニーシーのレストラン「マゼランズ」ではシェフのおすすめコースも登場(8900円)。詳細は順次公開予定!

 「ソアリン:ファンタスティック・フライト」は東京ディズニーシー、メディテレーニアンハーバーにて2019年7月23日グランドオープン。同日東京ディズニーシーでは最新のステージショー「ソング・オブ・ミラージュ」がスタートします。

 アトラクションの気になる裏側や関連する豪華なメニュー、そして新ショーのレポートはねとらぼにて、順次公開予定です。お楽しみに!

ソアリン 今回は特別に、博物館内をS.E.A.ツアーガイドの“空田飛造”さんが紹介してくれました。残念ながらプレスツアーのみの登場。またぜひお会いしたいですね。

動画が取得できませんでした
ミッキーたちも登場「ソアリン:ファンタスティック・フライト」CMが公開されています

動画が取得できませんでした
アトラクション内は空を飛ぶことを願ったものたちの歴史がつづられる博物館の装い

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/30/news137.jpg 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」
  2. /nl/articles/2107/29/news111.jpg おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  3. /nl/articles/2107/29/news086.jpg 小5娘「ランドセル壊れちゃった!!」→メーカーに修理に出すと…… 子どもの気持ちに寄りそう「神対応」を描いた漫画に心が温まる
  4. /nl/articles/2107/30/news022.jpg 中年の「何しにこの部屋来たんだっけ?」発生条件を突き止めた漫画にあるあるの声 “忘却”はこうして起きていた……?
  5. /nl/articles/2107/29/news013.jpg おばあちゃんと散歩するワンコ、よく見ると…… かしこ過ぎるイッヌに「どっちが散歩されてる?」「愛と信頼ですね」の声
  6. /nl/articles/2107/29/news044.jpg 3歳娘「カレーが食べたい」にこたえて作ったのに…… あまのじゃくな娘に“大人になること”を学ぶ漫画が考えさせられる
  7. /nl/articles/2107/29/news030.jpg 定価で買った商品が半額になってショック!→娘「ママは値段を理由にそれ買ったの?」 子どもの一言にハッとさせられる漫画
  8. /nl/articles/1902/18/news125.jpg 「誰も消防車を呼んでいないのである!」漫画の作者自ら“消防車が来ない話”としてTwitterに公開 「元ネタ初めて見た」
  9. /nl/articles/2107/28/news135.jpg 波田陽区、そっくりな卓球・水谷隼選手の金メダル獲得で仕事激増 「拙者、これで家賃払えそうですからー!」
  10. /nl/articles/2107/30/news007.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「島嶼」

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」