ニュース
» 2019年07月17日 13時45分 公開

私飛んでる! 一足先に新アトラクション「ソアリン:ファンタスティック・フライト」を体験してきた東京ディズニーシーからあこがれの空へ飛び立とう

ライドは横に11人が座れるもので、シートベルトを締め準備が整うと、スッと上空に浮かぶかのような体験が!

[宮田健(dpost.jp),ねとらぼ]

 東京ディズニーシーでは2019年7月23日、待望の新アトラクション「ソアリン:ファンタスティック・フライト」がオープンします。これは海外ディズニーパークで大変な人気を誇る「Soarin'」の東京ディズニーシー版で、もちろんここだけのオリジナルのシーンが含まれる、壮快感あふれるライドです。オープンに先駆け開催されたプレスプレビューで、そのフライトを一足先に体験してきました。

ソアリン メディテレーニアンハーバーの丘に新アトラクションが!

既に世界で大人気のアトラクション、「ソアリン」って?

 ソアリンというアトラクションは、もともと2001年2月にディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーでオープンしたアトラクションで、カリフォルニアの空をふわりと飛ぶという、体感型のシミュレーションライドでした。その後2016年には上海ディズニーランドにて世界を飛ぶ「ソアリン:アラウンド・ザ・ワールド」バージョンが登場。2019年に満を持して東京に上陸したという歴史があります。

 ライドは横に11人が座れるもので、シートベルトを締め準備が整うと、スッと上空に浮かぶかのような体験ができます。目の前には巨大なスクリーンがあり、視界が全て“空”になるのです。

ソアリン 今回の舞台はこのファンタスティック・フライト・ミュージアム。このドームが目印

ソアリン このシートに座ったら、ふわりと空の旅へ

 これだけを聞くと、たいしたことのないアトラクションに聞こえるかもしれません。しかし、その没入感は驚くほど。映像と完全にシンクロしたライドの動き、風、そして匂いによって、私たちが想像する「きっとハングライダに乗ったらこんな体験ができるのだろうなあ」を、実際に体感することができるアトラクションです。

 そして満を持して登場した東京ディズニーシー版は「ファンタスティック・フライト」と名がついているように、完全に日本オリジナルのアトラクションに仕上がっています。世界のパークのソアリンを体験した人でも、あっと驚く内容になっていましたよ!

その世界観の中へ——外観もエントランスも没入感あふれるつくり

 注目はやはり、その精巧なまでのつくりにあります。今回のアトラクションの舞台は“博物館”、ファンタスティック・フライト・ミュージアムです。メディテレーニアンハーバーの丘の上に作られた、空を飛ぶという人類の夢をたたえる特別な博物館で、ロビーやギャラリーに足を踏み入れ、そこに展示されているさまざまなものから、あなただけの物語を想像するところからスタートします。

ソアリン 館内に入るとすぐ、ファンタスティック・フライト・ミュージアムオープニングセレモニーの様子が

ソアリン 常設展の展示会場であるロタンダには、オベリスクとともに、歴史、生物学、考古学、技術に分けて展示がされています

 ライドはその博物館の屋外テラスに。このアトラクションのカギとなる人物、カメリア・ファルコが開発した「ドリーム・フライヤー」が展示されています。

ソアリン カメリア・ファルコはS.E.A.と呼ばれるグループの一員。隣にいるのは彼女が愛したハヤブサのアレッタです

 このライドに乗ると、一体どこに行けるのでしょうか。きっと皆さんが一度は行きたかった世界の名所を、実際には絶対に見られるはずのない“空”から体験ができるのです。

 「タワー・オブ・テラー」のようなスリルライドとは異なり、お子さまから大人まで、幅広い世代が楽しめる内容(102センチ未満の方は利用できません)。アメリカのディズニーテーマパークではオープンから18年もたっているにもかかわらず、現在でも長蛇の列で、何度乗っても感動するライドが、東京ディズニーリゾートにもやってきたことはとってもうれしいですね。

ソアリン ソアリン:ファンタスティック・フライトをイメージしたファンタスティック・フライト・チュロス(パイナップル)は1本400円、7月19日から販売開始です

ソアリン ファンタスティック・フライト・ドリンク(ライチータピオカ)にはミッキーの雄姿も(450円)。こちらも7月19日から販売です

ソアリン アトラクションを体験したら持ち歩きたい、新しいポップコーンバケットも登場(2000円)。7月17日から販売されます

ソアリン 東京ディズニーシーのレストラン「マゼランズ」ではシェフのおすすめコースも登場(8900円)。詳細は順次公開予定!

 「ソアリン:ファンタスティック・フライト」は東京ディズニーシー、メディテレーニアンハーバーにて2019年7月23日グランドオープン。同日東京ディズニーシーでは最新のステージショー「ソング・オブ・ミラージュ」がスタートします。

 アトラクションの気になる裏側や関連する豪華なメニュー、そして新ショーのレポートはねとらぼにて、順次公開予定です。お楽しみに!

ソアリン 今回は特別に、博物館内をS.E.A.ツアーガイドの“空田飛造”さんが紹介してくれました。残念ながらプレスツアーのみの登場。またぜひお会いしたいですね。

動画が取得できませんでした
ミッキーたちも登場「ソアリン:ファンタスティック・フライト」CMが公開されています

動画が取得できませんでした
アトラクション内は空を飛ぶことを願ったものたちの歴史がつづられる博物館の装い

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  2. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  5. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  9. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」