ニュース
» 2019年07月23日 07時00分 公開

首都高4カ所の入口封鎖 7月24日、26日に「東京オリンピック」見据えた規制テストを実施 料金所レーン制限も

選手らの輸送をスムーズに行うための交通量調整計画をテストする目的。

[haruYasy.,ねとらぼ]

 2019年7月24日と26日の2日間、東京「首都高速道路」を中心に入口、料金所で「東京オリンピック2020」を想定した交通規制が行われます。

首都高速道路 交通規制 東京オリンピック2020 入口 料金所 封鎖 制限 首都高速道路を中心に交通規制が行われます

 この規制では高速道路の入口を封鎖し、料金所のレーンを制限することで高速を走行するクルマを減らして、交通量をコントロールしようというもの。大会期間中の選手輸送をスムーズに行うための実験となっています。

首都高速道路 交通規制 東京オリンピック2020 入口 料金所 封鎖 制限
首都高速道路 交通規制 東京オリンピック2020 入口 料金所 封鎖 制限

 終日封鎖が決まっている入口は選手村などの最寄となる新都心(上)、外苑(上下)、晴海の計4カ所。東京オリンピック組織委員会によると、交通量の抑制状況によっては東池袋、芝公園、汐留、神田橋などの入口も封鎖する可能性があるそうです。

 終日レーン数を制限する料金所は錦糸町本線、湾岸浮島(東)、玉川、東京、八王子本線、川口本線、浦和本線、八潮本線、三郷、狩場本線、鳥浜本線の計11カ所で、一部のレーンが終日利用不可となります。このテストで影響を受ける入口と料金所は、終日実施と候補をあわせて全70カ所です。

首都高速道路 交通規制 東京オリンピック2020 入口 料金所 封鎖 制限

 一般道でも環状七号線で青信号の表示時間を短くするといった調整が午前5時から正午までの予定で実施される点にも注意が必要です。

 また、約1カ月後の8月25日には、選手村予定地から新国立競技場周辺までのルートをバス20台から30台が隊列を組んで走行するテストが行われる予定です。

春山優花里

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.