ニュース
» 2019年07月17日 19時03分 公開

査定額がアップする「ビック買取マネー」スタート デジタル機器の買い取りを電子マネーで

現金で受け取るより査定額がアップします。

[ねとらぼ]

 ビックカメラグループは7月17日、デジタル家電の買い取り額を現金の代わりに電子マネーとして受け取れる「ビック買取マネー」を始めました。査定額を現金より5%増額するのが特徴で、12月末までは10%までアップします。

フォト ビック買取マネーのイメージ

 買い取りカウンターを設けるビックカメラグループ各店(全国176カ所)でデジタル機器を売る場合に、査定金額を現金の代わりに「ビック買取マネー」として受け取れます。ビック買取マネーはビックカメラやコジマ、ソフマップ、ソフマップドットコムで買い物に利用できます。

 ビックカメラ、コジマのアプリ会員と、ソフマップのポイントカード会員が利用可能。10月には、ソフマップの買い取りアプリ「ラクウル」にも対応し、アプリでの売却でもビック買取マネーとして受け取れるようにします。

 ビックカメラグループの買い取りサービスは、動作するデジタル機器であれば最低100円から買い取るとのことです。

フォト 19年12月末まで10%増額

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.