ニュース
» 2019年07月18日 14時38分 公開

人生初のバンジージャンプを友人が撮影 → 偶然流れた「蛍の光」のせいで人生も閉店しそうな感じに

笑いを我慢する撮影者もすごい。

[戸部マミヤ,ねとらぼ]

 バンジージャンプを跳んだタイミングで「蛍の光」が流れてしまった、なんとも哀愁漂う動画がTwitterで話題です。


蛍の光バンジー 今、蛍の光が流れています


 バンジージャンプに挑戦したのは、投稿者・いも(@adarapata)さんのお友達。まさに橋から飛び降りる瞬間に「蛍の光」が流れ、盛り上がるはずのバンジーがなんともダウナーな雰囲気に……。普通であれば内輪ウケ間違いなしの絶叫も音楽にかき消されてしまいました。むしろこっちの方が面白いかも?

 さらに「本日のご来店、まことにありがとうございます。当店はまもなく閉店させていただきます。」とアナウンスまで重なり、もはや人生も閉店しそうな勢いです。びよんと伸びきったゴムがシュールな笑いを誘います。


蛍の光バンジー どういう心境なんだろう

 ある意味奇跡の瞬間は5万6000リツート、17万いいねの大人気となり、リプライ欄には「飛んだ感動よりも蛍の光が強すぎて虚しさだけが残っています…」「エヴァンゲリオンの重大な転機が訪れるシーンっぽいですね…」「いやあ…よくぞ笑いを我慢されましたね。」といった反応が寄せられました。

画像提供:いも(@adarapata)さん

※動画の中で流れる曲は「別れのワルツ」ですが、一般的には「蛍の光」と呼ばれることが多いため、記事中の表記は「蛍の光」に統一しています。




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.