コラム
» 2019年07月21日 19時00分 公開

「男は男を救わない。だから女との恋愛で救われたいが、救われない」という考え方に、うーむとうなって迷路にハマってしまった話(1/2 ページ)

うーむ……。

[しげるねとらぼ]

 「弱者男性は同じ弱者男性を救えないのか」という話が、少し前にネットで話題になった。おれもまあ、おそらく発端に近いであろう「おっさんはおっさんが大嫌いだし弱い男はもっと嫌い」というはてな匿名ダイアリーの記事を読んだ。そしてうーむとうなってしまった。

 その匿名ダイアリーでは、学歴やルックスなどさまざまな理由からまったくモテず、女性が憎くてたまらなかった男性の書き手が、35歳になって女性を憎むエネルギーがなくなってきたこと、さらに自分が男女双方からいじめられてきたことを告白。そこから導き出される結論として、強者の男性は弱者男性に興味がないこと、弱者男性もそんな強者男性を怖いと思っていること、さらにそれを怖いということすら吐き出せず、インターネットで強者のフリをして女叩きにせいを出すしか選択肢がなかったことがつづられていた。

 結論としては「男は怖いから女に救ってもらいたいが、現状そんな手段はないし、おっさん同士で群れてやっていくのはおっさん自身が嫌がる」という話だ。うーむ……。

 ……先に書いておくと、ここから書く文章は「うーむ」とうなってうなりっぱなしみたいな内容である。最後まで読んでも何にも解決してないので、一応それを念頭に置いて読んでほしい。

しげる ライターしげるが恋愛や人間について考える連載。今回は答えが出ない問題について

弱者男性が群れてやってくの、やっぱり難しいっすよね

 思うに、弱者男性(という言い回しも漠然としてるのでちょっとどうかと思うけど)が集まって生活して、相互に援護しつつ社会の荒波から自分たちの身を守ることは可能である。可能だとは思うんだけど、天文学的に低い確率で成立する関係性だろうな……というか、よほどうまく偶然が作用しないと難しいと思う。

 まず「自分は社会的経済的その他もろもろの条件において弱者である」と認められなくてはいけないし、同じように考えている気の合う人間を見つけなくてはいけないし、そういう人たちがある程度近所に住んでなくてはいけないし、できれば関係者全員がある程度以上の収入を得ているのがベターだろう。

 そう考えていくと、やっぱり男性同士がうまく相互にカバーしつつ死なないようにやっていくというのは難しいことなのだと思う。

 そもそも、「俺って弱いなあ」と開き直るのがまず難しい。先ほどの匿名ダイアリーの人ではないが、「弱い男性」が嫌いな男性は多い。それが自分のこととなればなおのことだ。なぜそれが嫌いなのかという理由はさまざまだろうけど、「男は強いものでなくてはならない」という思い込みや、男性同士の関係で弱者はどうしてもスポイルされがちであるという点から、後天的に刷り込まれたものだったりする。

 アル中の治療はまず自分が中毒だと認めるところから始まるというが、それと同じである。ヘビーな酔っぱらいほど「俺は酔っぱらってねえよ〜」と言う。自分が酔っぱらっているのを認めるのは、自分を直視できる人間だけだ。そしてそれはある程度の胆力を必要とする。

恋愛で救われると言いたくない! けど効果はある……!

 となると、あまりこういうことを言うのはどうかと思うけど、やはり現状一番社会的にも価値が保証されており、そこに至るための各種マッチングサービスや相談所や、そもそも世間的に話題にしやすいネタだというコンセンサスが存在しているなど“インフラ”が整備されており、簡単にもろもろの問題を解決できるのは、恋愛という方法なのではないか……という気がしてくる。なんせ、弱者男性が弱者男性同士で助け合うのは前述のようにめっちゃ難しいのだ。まだ異性との恋愛の方が楽そうに見える(異性愛者の場合)。

 しかし、おれだって本当はこういうことは言いたくない。というのも、逆に「恋愛が全てを解決してくれる」という通説がまことしやかに信じられているからこそ、男同士で肩を寄せ合って生活していくのが難しくなっているのではないかとも思うのだ。鶏と卵というか、「うるせえバーカ! 何が恋愛だ! 死ね!」と言いたくなる気持ちもわかる。

 なんせ恋愛は「弱者男性同士で連帯してやっていく」みたいな方法よりも一般的で、なおかつ一応世間的には楽しくステキなものと見なされているので、各方面からの圧もある。人から「彼女(彼氏)作りなよ〜!」みたいな、意見以下のぼんやりしたことを言われて「ヘヘ……そっすね……」と愛想笑いしつつ「こいつ死なないかな〜」と思った経験のある人も多いことだろう。

 恋愛は全ての問題を一発で解決してくれるようなものではない。恋人ができたところでそれが原因で年収が1000万円を超えることはないし、いきなり健康になったりもしない。それに加えて、特に恋愛をしたくない人だっているだろう。やりたくなければやらなくたっていい。

 それでもやっぱり、恋愛で埋まる心の穴というのはある。

 もちろん人によるし、万人に有効な処方箋ではないけども、それでも信用している人間に精神的にも肉体的にも認められることの効果は非常に大きい。ナメてはいけないものがあると思う。自宅に掃除機をかけるようになった、人格に社会性が芽生えた、物腰に余裕が発生し他人を気遣うようになったなど、いきなり変化した人間をおれはけっこう見てきた。

 「なるほど自分はこれでもいいのか」と自認できるのは、やっぱりプラスの効果がある。変に精神的にこじれているとその限りではないと思うけど、でも時間をかけて1人の人間と関係を構築すれば、そんなこじれだって快方に向かうこともあるだろう。万能ではないが、効き目自体はちゃんとある薬……という感じだと思う。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/26/news043.jpg 生後1カ月赤ちゃん、ママが3時間抱っこで限界→バウンサーに座らせた瞬間 “激おこ”な表情に「かわいい」「ママ頑張りましたね」
  2. /nl/articles/2402/26/news040.jpg 1歳弟を寝かしつける4歳姉、2人の会話が「可愛すぎて泣ける」 “小さなお母さん”の活躍に「いつまでも仲良しでいてね」
  3. /nl/articles/2402/25/news065.jpg 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
  4. /nl/articles/2402/25/news021.jpg 10人目妊娠中の妻、出張に行く夫から突然「疲れた時は冷凍庫を開けて」とLINEがとどき…… 優しいサプライズが140万再生
  5. /nl/articles/2402/26/news110.jpg 永野芽郁、ドラマ役作りで減量していた ミラノでの1枚に「足ほっそい!」「スタイルよすぎ」の声集まる
  6. /nl/articles/2402/25/news014.jpg 母が帰宅したと思って出迎えた猫、ふと顔をあげたら…… 想定外の事態へのリアクションに「いいねを一万個ぐらいあげたい」
  7. /nl/articles/2402/26/news122.jpg 石田ひかり、2人の娘たちが海外へ旅立ちしんみり 子どもの乗る飛行機を「朝まで追跡しておりました」
  8. /nl/articles/2402/26/news125.jpg 「時差投稿」宣言の北斗晶、ブログ写真をよく見てみると……? 白物家電の英語ボタンで示唆「円安だし」
  9. /nl/articles/2402/26/news049.jpg 着古したセーターがリメークで冬に大活躍の日用雑貨に超変身! 古着の意外な再活用が「とても懐かしい気持ちに」と話題に
  10. /nl/articles/2402/25/news007.jpg 【漫画】「愛犬の老いに直面した話」に「泣きました」「まさに同じ気持ち」と8万いいね 家族の老いと喪失に向き合う話に涙
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」