コラム
» 2019年07月21日 19時00分 公開

「男は男を救わない。だから女との恋愛で救われたいが、救われない」という考え方に、うーむとうなって迷路にハマってしまった話(1/2 ページ)

うーむ……。

[しげる,ねとらぼ]

 「弱者男性は同じ弱者男性を救えないのか」という話が、少し前にネットで話題になった。おれもまあ、おそらく発端に近いであろう「おっさんはおっさんが大嫌いだし弱い男はもっと嫌い」というはてな匿名ダイアリーの記事を読んだ。そしてうーむとうなってしまった。

 その匿名ダイアリーでは、学歴やルックスなどさまざまな理由からまったくモテず、女性が憎くてたまらなかった男性の書き手が、35歳になって女性を憎むエネルギーがなくなってきたこと、さらに自分が男女双方からいじめられてきたことを告白。そこから導き出される結論として、強者の男性は弱者男性に興味がないこと、弱者男性もそんな強者男性を怖いと思っていること、さらにそれを怖いということすら吐き出せず、インターネットで強者のフリをして女叩きにせいを出すしか選択肢がなかったことがつづられていた。

 結論としては「男は怖いから女に救ってもらいたいが、現状そんな手段はないし、おっさん同士で群れてやっていくのはおっさん自身が嫌がる」という話だ。うーむ……。

 ……先に書いておくと、ここから書く文章は「うーむ」とうなってうなりっぱなしみたいな内容である。最後まで読んでも何にも解決してないので、一応それを念頭に置いて読んでほしい。

しげる ライターしげるが恋愛や人間について考える連載。今回は答えが出ない問題について

弱者男性が群れてやってくの、やっぱり難しいっすよね

 思うに、弱者男性(という言い回しも漠然としてるのでちょっとどうかと思うけど)が集まって生活して、相互に援護しつつ社会の荒波から自分たちの身を守ることは可能である。可能だとは思うんだけど、天文学的に低い確率で成立する関係性だろうな……というか、よほどうまく偶然が作用しないと難しいと思う。

 まず「自分は社会的経済的その他もろもろの条件において弱者である」と認められなくてはいけないし、同じように考えている気の合う人間を見つけなくてはいけないし、そういう人たちがある程度近所に住んでなくてはいけないし、できれば関係者全員がある程度以上の収入を得ているのがベターだろう。

 そう考えていくと、やっぱり男性同士がうまく相互にカバーしつつ死なないようにやっていくというのは難しいことなのだと思う。

 そもそも、「俺って弱いなあ」と開き直るのがまず難しい。先ほどの匿名ダイアリーの人ではないが、「弱い男性」が嫌いな男性は多い。それが自分のこととなればなおのことだ。なぜそれが嫌いなのかという理由はさまざまだろうけど、「男は強いものでなくてはならない」という思い込みや、男性同士の関係で弱者はどうしてもスポイルされがちであるという点から、後天的に刷り込まれたものだったりする。

 アル中の治療はまず自分が中毒だと認めるところから始まるというが、それと同じである。ヘビーな酔っぱらいほど「俺は酔っぱらってねえよ〜」と言う。自分が酔っぱらっているのを認めるのは、自分を直視できる人間だけだ。そしてそれはある程度の胆力を必要とする。

恋愛で救われると言いたくない! けど効果はある……!

 となると、あまりこういうことを言うのはどうかと思うけど、やはり現状一番社会的にも価値が保証されており、そこに至るための各種マッチングサービスや相談所や、そもそも世間的に話題にしやすいネタだというコンセンサスが存在しているなど“インフラ”が整備されており、簡単にもろもろの問題を解決できるのは、恋愛という方法なのではないか……という気がしてくる。なんせ、弱者男性が弱者男性同士で助け合うのは前述のようにめっちゃ難しいのだ。まだ異性との恋愛の方が楽そうに見える(異性愛者の場合)。

 しかし、おれだって本当はこういうことは言いたくない。というのも、逆に「恋愛が全てを解決してくれる」という通説がまことしやかに信じられているからこそ、男同士で肩を寄せ合って生活していくのが難しくなっているのではないかとも思うのだ。鶏と卵というか、「うるせえバーカ! 何が恋愛だ! 死ね!」と言いたくなる気持ちもわかる。

 なんせ恋愛は「弱者男性同士で連帯してやっていく」みたいな方法よりも一般的で、なおかつ一応世間的には楽しくステキなものと見なされているので、各方面からの圧もある。人から「彼女(彼氏)作りなよ〜!」みたいな、意見以下のぼんやりしたことを言われて「ヘヘ……そっすね……」と愛想笑いしつつ「こいつ死なないかな〜」と思った経験のある人も多いことだろう。

 恋愛は全ての問題を一発で解決してくれるようなものではない。恋人ができたところでそれが原因で年収が1000万円を超えることはないし、いきなり健康になったりもしない。それに加えて、特に恋愛をしたくない人だっているだろう。やりたくなければやらなくたっていい。

 それでもやっぱり、恋愛で埋まる心の穴というのはある。

 もちろん人によるし、万人に有効な処方箋ではないけども、それでも信用している人間に精神的にも肉体的にも認められることの効果は非常に大きい。ナメてはいけないものがあると思う。自宅に掃除機をかけるようになった、人格に社会性が芽生えた、物腰に余裕が発生し他人を気遣うようになったなど、いきなり変化した人間をおれはけっこう見てきた。

 「なるほど自分はこれでもいいのか」と自認できるのは、やっぱりプラスの効果がある。変に精神的にこじれているとその限りではないと思うけど、でも時間をかけて1人の人間と関係を構築すれば、そんなこじれだって快方に向かうこともあるだろう。万能ではないが、効き目自体はちゃんとある薬……という感じだと思う。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」