ニュース
» 2019年07月20日 09時00分 公開

子犬が「捨てヤンキー」を拾って育てる漫画 「ヤンキーと犬」にTwitter民困惑

泣けるかもしれないし、そうでもないかもしれない不思議な漫画。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 漫画家の藤井おでこ(@fuxxxxxroxxka)さんが公開した漫画、「ヤンキーと犬」がTwitterで異彩を放っています。タイトルから連想されるような定番のシチュエーションに反して、雨の日に子犬が「捨てヤンキー」を拾って育てる、不思議な世界に困惑させられること必至。


アイキャッチ 定番のパターンだと、ヤンキーが子犬を助けて友情を育んだり、それを目にしたヒロインが彼の優しい一面にときめいたりするわけですが……

 物語の舞台は、犬や猫が二足歩行して人間のように暮らす世界。主人公の子犬は、捨てられていた小さなヤンキーを家に連れ帰り、身体を拭いてリンゴを与えてと、優しく世話します。


1P

2P

 ところが、ヤンキーはなかなか子犬になつかず、「あ゛あ゛んッ」「シャオラッ!」と鳴いて拒否するばかりです。そこで「ヤンキーの飼い方」読本を確認すると、「ヤンキーはビタミンを好まない」とあり、どうやらやり方が間違っていた様子。書いてある通りホットスナックなどを与えると、ヤンキーは元気になりました。


3P

4P

 母親に内緒で飼いながらヤンキーと信頼関係を築いていった主人公は、やがて外で一緒に遊ぶように。ドッグランならぬ「ヤンキーラン」を楽しんでいると、大きな猫の女の子が彼らに目を付けてきました。


5P

 彼女はヤンキーをいたく気に入り、子犬から強奪。返してとすがりついた彼を殴り飛ばし、家へ連れ帰ってしまいます。「シャオラーッ」と、悲痛なヤンキーの鳴き声がこだまする……。


6P

 それでも子犬は、勇気を出して女の子の家へ。すると彼女は、まるでヤンキーが自分の人形であるかのように、ワンピースを着せて連れてきました。立派な前髪がバッサリ切られて、ヤンキーはとても悲しそう。あの特徴的な髪型にはセンサーの役割があって、オシャレのためにむやみに切ってはいけないのに……(出典:前述のヤンキー飼い方読本)。


7P

8P

 あまりの仕打ちを見て、子犬はヤンキーと過ごした日々を思い出して泣きながら大激怒。猫の子に殴りかかり、大げんかしてしまいます。


9P

10P

 結果的に、子犬は母親と一緒に猫の家族に謝ることになりました。帰り道、「女の子に手を上げるなんて」と叱られて、ぽろぽろと涙を流します。


11P

 そんなとき、母親から「ホットスナックだけじゃ健康によくないから、ちゃんとゴハンも食べさせること!」と、飼育を許す言葉が。無事子犬のもとに帰ったヤンキーは、また「シャオラッ」と元気良く鳴くのでした。


12P 「ヤンキーは漢気(おとこぎ)を持って大切に育てましょう」

 「感動」と「違和感」が混在するこの漫画。リプライには「頭で情報を処理できないから考えることを止めた」「面白いんだけどなんだこのモヤモヤとするようなよく分からない感情……」と、反応に困る人が多数みられます。その一方で、11ページ目にヤンキーを探す貼り紙があることに気付く人も。もしかしたら、ヤンキーは訳あって捨てられていて、いつか元の飼い主のところへ帰っていく可能性も――そう想像するとやはり悲しい。


隠し味 11ページ目の中央あたりをよく見ると……

 「ヤンキーと犬」は、短編シリーズ『藤井おでこげきじょー』の1編。今のところ未定ではありますが、2巻の出版が実現した場合はそちらに入ることになるそうです。

作品提供:藤井おでこ(@fuxxxxxroxxka)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/28/news020.jpg 「トップガン」はなぜ「トップガン」なのか? 「トップガン マーヴェリック」でオタクが悲鳴を上げ歓喜した理由
  3. /nl/articles/2205/28/news071.jpg 幸せそうな顔だ! 久慈暁子、結婚発表後初のインスタ更新で夫・渡邊雄太見守る観戦中の笑顔ショット公開
  4. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  5. /nl/articles/2205/27/news012.jpg 利害が一致した柴犬&子猫コンビ “ごはん”のときだけ息が合う姿に「見事なシンクロw」「笑っちゃいました」の声
  6. /nl/articles/2205/28/news068.jpg 胃がんステージ4のバレー代表・藤井直伸、清水邦広&福澤達哉と再会ショット つらい治療の中で「最高の薬です!」
  7. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  8. /nl/articles/2205/28/news065.jpg 漫画家急病でセクシーな女性がサツマイモの画に 「単行本では必ず修正します」
  9. /nl/articles/2205/27/news033.jpg 禍々しい136体の妖怪像が話題 学芸員が「なんのために作れられたのか不明」「類例は見つからず」という造形物が謎すぎる
  10. /nl/articles/2205/28/news063.jpg ともさかりえ、「キンキーブーツ」応援で“一方的な攻撃”受ける 根拠もないうわさで「金田一の頃も苦しめられた」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響