ニュース
» 2019年07月20日 14時26分 公開

ケンタッキー、軽減税率の導入後も「店内・持ち帰りとも同じ価格」に 外食企業の対応はどうなる?

ケンタッキーの場合、店内では実質値下げになります。

[ねとらぼ]

 日本ケンタッキー・フライド・チキン(日本KFC)は、10月1日からの消費税の増税と軽減税率の導入後も、オリジナルチキン1ピースの価格を現在と同じ250円(税込)で統一すると発表しました。

フォト 現在1ピース250円(税込)のオリジナルチキン
フォト 消費税引き上げ&軽減税率導入後のオリジナルチキンの価格(ニュースリリースより)

 軽減税率では、店内で食べると税率は10%ですが、持ち帰りは8%になります。オリジナルチキンについては、店内で食べる場合は本体価格を227円、持ち帰りは231円とし、それぞれ現価格と同じ「税込み250円」とします。店内で食べる場合は実質値下げされることになります。

 その他一部のセット、パック、サイドメニューは価格を調整するとのことです。

 軽減税率では、コンビニエンスストアのイートインスペースやフードコートの店舗の場合でも、その場で食べるなら税率は10%、持ち帰りなら8%となります。持ち帰りかどうかは購入時などにお客に意思確認することになっています(国税庁のQ&A)。

 ですが、ケンタッキーのように持ち帰りが容易なファストフードでは、フードコートの店舗で「持ち帰りで」と軽減税率(8%)で購入し、「気が変わって」フードコート内で食べる──といったケースが出てくることが予想されます。お客の不公平感から現場での混乱も予想され、日本KFCは価格を統一したものとみられます。

 ただ、軽減税率への対応を巡っては、外食各社の対応は分かれています。スターバックスコーヒージャパンは、イートインは本体価格+10%、テイクアウトは本体価格+8%とし、税込価格を統一しないと発表しました。また、サイゼリヤは統一、牛丼チェーンでは松屋が統一、吉野家は別々にする方針を明らかにしていますが、現時点では日本マクドナルドなど大手を含めて正式決定している企業は少なく、さまざまな事情を考慮しながら各社ともギリギリまで検討するようです。

フォト スタバは税込価格を別々にする(ニュースリリースより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン